一般公開

HOME > イベント情報一覧 > 一般公開一覧 > 第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」(特別セミナー同時開催)

このページを印刷する

第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」(特別セミナー同時開催)

2017-10-12(木)~10/15(日)開催

2017年10月12日から15日にかけて東京外国語大学にて第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」ならびに特別セミナー「"ムデハリスモ"と"モサラビスモ"―中世イベリア半島におけるキリスト教世界とイスラーム世界の文化交渉」が開催されます。

「異なる視野から見たヨーロッパ中世」は、非欧米圏におけるヨーロッパ中世研究の諸問題を幅広く討論するために、まず2013年にメキシコで、次いで2015年にアルゼンチンで行われた国際コロキウムの第3回大会であり、初のアジア開催となります。
特別セミナー「"ムデハリスモ"と"モサラビスモ"」は、美術史や歴史学などの研究者による表題に関する連続特別講義となります。

両イベントには、中南米・ヨーロッパ・日本で活躍する若手からベテランまで総勢15名の研究者が集います。
西欧中世、スペインの歴史と美術、異文化交渉等に関心をお持ちの方、ぜひご参加ください。

開催日時/開催場所 2017年10月12日(木)13:30-17:45 東京外国語大学海外事情研究所
2017年10月13日(金)10:00-17:15 東京外国語大学総合文化研究所
2017年10月14日(土)10:00-17:00 本郷サテライト
2017年10月15日(日)10:00-12:00 本郷サテライト
使用言語 英語、スペイン語
(通訳はありません。発表要旨を発表言語と日本語の2言語で配布予定です)
主催 久米研究室
科研費・若手研究(B)「中世スペインにおけるキリスト教とイスラーム間の異文化交渉」(JP26770049)
日本学術振興会外国人研究者招へい事業
共催 海外事情研究所、総合文化研究所
お問い合わせ先 東京外国語大学久米研究室 E-mail:kumejun[at]tufs.ac.jp([at]は@に変えて送信ください)
ポスター