学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : ベトナム語

このページを印刷する

ベトナム語

ベトナム語の魅力

ベトナム語専攻は1964年に創設されて以来、今日まで40年あまり教育と研究の歴史を歩んできています。本専攻は、ベトナムを対象とする人文科学(語学、文学など)ならびに社会科学(歴史、経済、社会など)の諸科目を広くカバーするユニークな教育・研究ユニットです。

ベトナム語専攻の学生は、前期2年における専攻語と専門基礎の習得を経て後期の専修専門コースに進み、さまざまな研究テーマのもとに知識の体系化と専門的な分析方法を修得します。また同時に、世界のなかの地域という複眼的な学問観、思考法も身につけます。ベトナムを学問対象としつつも広い専門的視野のなかで眺めてみたいと考える意欲的な学生を歓迎します。

教育・カリキュラムの特徴

4 技能(読み、書き、聞き、話す)をオールラウンドに養成することを目標にモジュール制語学教育による文法、読解、表現、聴解、会話の5科目を難易度のレベルを段階的に履修します。モジュール制に移行後間もないため専用教材はまだ完備していませんが、長年の教育経験を基に開発した日本人学生向けの教材を使用して効率よい語学教育を実践しています。ベトナムから招いた客員の先生による専攻語のみの授業は学生の積極的な取り組みと相乗効果をなして顕著な成果をあげています。後期専門コースでは学生は習得した専攻語を基礎に各自の専門研究テーマについて体系的な知識と方法論を身につけるべく指導を受け、優れたレベルの達成をみせています。

卒業後の進路

商社(日商岩井、住友商事、ニチメン、など)、金融(みずほ銀行、三井住友銀行、東京三菱銀行、など)、製造業(トヨタ自動車、日産自動車、日立製作所、本田技研工業、ヤマハ発動機、富士通、味の素、など)、ジャーナリズム(日本放送協会、読売新聞、共同通信、時事通信、など)、公務員(公立中・高等学校教員、地方公務員、埼玉県警、など) 、団体(JICA、日本貿易振興会、など)、進学(東京外国語大学大学院、東京大学大学院、一橋大学大学院、など)