学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : ウルドゥー語

このページを印刷する

ウルドゥー語

ウルドゥー語の魅力

ウルドゥー語はイスラームを国家統一理念に掲げるパキスタンの国語であると同時に、インドにも多くの話し手を持っています。ウルドゥー語とインドの連邦公用語であるヒンディー語は同じ文法構造と日常語彙を有する1つの言語の2つのスタイルにすぎず、南アジア全域において実用的な共通語として広く流通しています。これら両言語は、中国語と英語に次ぐ話し手を持つ世界第3位の大言語です。歴史的に、ウルドゥー語はそれを主たる文学言語として使用してきたイスラーム教徒と密接な関係を持つため、イスラームの色彩が濃厚な都市言語です。ウルドゥー語では、インド世界と西アジア世界の文化が混交したインド・イスラーム文化の世界を幅広く研究対象としています。

ラーホールの繁華街

教育・カリキュラムの特徴

ウルドゥー語専攻では、モジュール制が導入され、木目細かな言語学習体制が整えられています。カリキュラムの特徴として、次の2例を挙げましょう。英語が公用語の地位を保つインド・パキスタンの現状を踏まえつつ、1年次から英語による教科書を使用しています。2年次では、インターネット上のニュース記事を 素材に、ニュースの背景を理解しながら内容を解釈し、記事の日本語訳を専攻語のウェブサイトに掲載しています。さらに、学習の成果発表でもある語劇を重視し、外語祭での上演のみならず海外公演も行っています。2002年度にはパキスタン公演を実現し、今夏はインド公演を予定しています。このように、生きた言語習得、異文化理解、南アジアとの交流を教育の柱に据えています。

卒業後の進路

商 社やメーカー、外務省専門調査員、国際協力機構(JICA)専門家、パキスタンの大学での日本語教師、高校教員、警察の通訳官など。本学および他大学の大学院への進学者も若干ながらいます。最近の就職先は以下のとおりです。テレビ東京、日本放送協会、静岡新聞社・静岡放送、中部ニッポン新聞社、共同通信社、海外新聞普及協会、東京三菱銀行、富士銀行、あさひ銀行、H.I.S.、西遊旅行、日本通運、川崎汽船、日本サムスン、ダイキン工業、PHP研究所、キャノン、ベネッセコーポレーション、アリコ・ジャパン、サントリー、トーメン、ソニー、東京海上火災保険、日本生命保険、石油公団、日本貿易振興機構(ジェトロ)、東急ハンズ、三菱電機、日本ユニコム、青土社など。

ウルドゥー語の看板