学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : ロシア語

このページを印刷する

ロシア語

ロシア語の魅力

ロ シア・東欧課程のロシア語専攻は、日本で最も古い伝統を持つロシア語・ロシア研究の教育研究機関です(1873年設立の東京外国語学校の5学科の一つとし て発足)。語学・文学に限定した学科などは他大学に少数ありますが、地域研究もあわせて、総合的なロシア研究をめざす組織編成にしている点で随一のもので す。

ロシアは日本にとって最も近い隣国でありながら、相互理解のための回路はまだまだ不十分であり、多様なかたちで切り拓いていくことがもとめられています。

ロシア語の高度な運用能力を身につけ、ロシアの社会と文化についてしかるべき知識をそなえて、さまざまな場で相互理解と交流を深めていくことのできる新たな人材がいま必要とされているのです。意欲ある学生を歓迎します。


現代史の舞台の一つモスクワ・プーシキン
広場の詩人プーシキンの像

教育・カリキュラムの特徴

総合的、多面的なロシア研究に取り組み、ロシアとの相互理解を深め、現代世界を見る眼を培うことが目標です。

1、2年次はロシア語習得に時間とエネルギーをかなりさきます。それぞれ出発点での自分なりのロシアへの関心にこだわりながら、ロシア語の確かな運用能力を身につけてください。3、4年次は各自の問題関心によって、三コースに分かれて研究テーマに取り組むことになります。ロシア語専攻では、コース選択後も幅広く他分野の問題にも目を向けるよう指導しています。たとえば、ある文学作品を研究するとして、その時代、作家の生きた社会などの理解なくして、深い考察はありえないからです。

なお、多くの学生が種々のルートでロシア各地に留学しており、人々との交わり、暮らしから学ぶものも貴重です。