学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : 日本語

このページを印刷する

日本語

日本語の魅力

外国人学生と日本人学生とが対等の立場で共に学ぶこと。日本語専攻の最大の特色はそこにあると言えましょう。日本人学生にとっては、今までの均質な生徒たちからなる教室とは違い、年齢も国籍も、経験してきたことも考え方も大きく異なる仲間たちと机を並べることになります。外国人学生にとっては、特別扱いをされるお客様ではない立場で、教室の一員となることになります。いわば草の根の国際社会を構成する教室の中で、対等の立場で、しかもそれぞれの特性を生かしながら、外国語としての日本語を中心に、日本の文学や文化や歴史や社会を学ぶのが日本語専攻です。

教育・カリキュラムの特徴

日本語の授業は、できるだけ外国人学生・日本人学生が一緒に学びます。日本人学生にとっても外国語として日本語を学ぶことは既習の体験ではありません。しかし、大方の日本人にとっては日本語が母語であることは厳然とした事実です。外国人学生は言葉の運用能力のさらなる訓練が必要です。知識面の補習も必要です。そうした科目は、外国人だけの教室で学びます。日本人については、母語と母国を相対化するための訓練がさらに必要です。そのためにも日本語以外の外国 語の学習は重視されます。その科目は日本人だけの教室で学びます。特に、実際に外国での学習や活動を体験することで、日本を相対化する「比較文化演習」という授業が2年次では開かれています。授業の過程に原則として海外での研修体験が義務付けられています(国内での体験で代用する途も開かれています)。

卒業後の進路

日本人学生の多くが日本語教師を目指し入学し、外国人学生の中にもその指向が強いのは事実です。しかし、日本語専攻は決して日本語教師の養成課程ではないことは理解しておく必要があります。日本語教師は外国語としての日本語とそれを基にした日本文学・文化・歴史・社会の深い学習の結果選ばれる進路の一つと考えています。したがって、民間企業を含み進路は多様です。日本人学生では国語の教師となる人も毎年のようにいます。
日本語教師となる場合も大学院修了が要件となる場合も多く、また、真の日本語や日本関係の専門家として活躍するために、大学院に進学し、さらなる専門知識を得ようとする卒業生が多いのが進路の特徴になるかもしれません。その中からさらに博士後期課程に進学し、博士の学位を得て専門研究者として内外の大学・研究機関で活躍する人も少なくありません。