学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : 英語

このページを印刷する

英語

英語の魅力

東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻は、英語研究の分野で長い伝統と確固たる実績を有し、今後も引き続き、社会の多方面において活躍できる、教養ある英語使用者の育成をめざします。

教育・カリキュラムの特徴

本専攻で行なわれている主専攻語・英語の授業を紹介します。1年次、2年次では、週6コマ開講される授業のすべてを履修することが必要です。それぞれの学年で一括して与えられる12単位を修得しなければ、2年次あるいは3年次に進級することはできません。

1年次英語: 英語I(6コマ、合計12単位)、授業内容は以下のような理念にもとづいています。

Basic Knowledge and Skills:英語学習の基本となる知識と技能(2コマ)、今後、英語の学習を進めるうえで必要不可欠となる、発音(音声学)、文法、語彙、英語史などにかんする知識を徹底的に身につけるため、重要事項の解説と、聴き取りテスト、ドリルなどを並行して行ないます。

Communicative Problem Solving Strategies:コミュニケイションを円滑に行なうためのさまざまな工夫(2コマ)、大学レヴェルの英語学習に対応できるよう、「聴く」、「話す」、「読む」、「書く」能力を全般にわたって向上させ、さらには、プレゼンテイションとアカデミック・ライティングの基本も習得します。

Reading and Content Understanding:テクストの精読と内容理解(2コマ)、テクストを細部にわたって分析し解釈する技術をこれまでよりもさらに高度な段階まで洗練させることを目的とし、与えられた課題(ライティング能力の実践となるエッセイの作成など)によって、目標達成度を確認します。

2年次英語: 英語II(6コマ、合計12単位)、授業内容は以下のような理念にもとづいています。

Thematic Approaches to English:テーマ別英語研究法(6コマ)、個々のテクストで取りあつかわれているテーマについて知識を深めるとともに、問題発見、文献調査、理論の 応用、批評的・批判的考察、研究報告、ディスカッション、論文執筆など多方面にわたる能力を向上させます。

3、4年次英語: 後期専攻語科目(3年次で2単位、4年次で2単位を選択、合計4単位)、授業内容は以下のような理念にもとづいています。

Advanced English Workshop上級英語(半期ずつ10コマ開講)、1年次、2年次における学習内容を基礎とし、より高いレヴェルの英語運用能力、読解力、表現力などを総合的に達成することを目的として開講される「英語講読」(1コマないし2コマ)と「英語表現演習」(1コマないし2コマ)を適宜選択して履修します。そ れぞれの授業で主題となるのは、各種のテクストを教材とした文献精読・英文解釈、専門的な語彙の習得と応用、国際語としての英語の多様なありかた、通訳入門、口頭発表とディスカッション、英語による卒業論文作成法などです。

卒業後の進路

英語専攻の卒業生は、官公庁や、外資系企業を含む商社、銀行、保険会社などのほか、新聞社、出版社、放送局、製造業、小売業といった多方面の第一線において、語学力を遺憾なく発揮し、日夜、活躍を続けております。また、長年にわたり、国公立・私立中学校、高等学校の教師を数多く輩出してきた実績があります。