学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : アラビア語

このページを印刷する

アラビア語

アラビア語の魅力

アラビア語は国連の公用語であり、実際に数多くの国で使われています。また世界中のイスラム教徒にとっても、コーランの言葉として重要な意味を持っている言語です。しかし残念ながら、日本でこの言語を解する人の数は少なく、そのためアラブ世界の人々が発する声を直接聴くことができなくなっています。英語や仏 語に訳されたものは代弁者のことばにすぎません。たしかにアラビア語はたいへん難しい言語です。またアラブ世界は西洋でも東洋でもない奥の深い世界です。しかしそれだけに大学で学ぶ対象としては、とても魅力にもあふれています。

教育・カリキュラムの特徴

アラビア語の教育については、1年次の1学期にアラビア語文法の全体像を学ぶことに重点を置きつつ、アラビア語を通じたコミュニケーション方法の基礎を学びます。2学期からは読解、聴解、作文、会話(フスハー)といった各カテゴリに重点を置いて、アラビア語の実践的な能力を高めることをめざします。2年次の1学期、2学期は、これらのカテゴリの能力をさらに向上させるとともに、日常会話において用いられる方言(アーンミーヤ)について学びます。3年次以降は、各学生の学問的関心に沿った読解、聴解、表現、討論などを行います。

授業は、日本人の教員だけでなく、エジプトやシリアなどアラブ人の教員も担当します。また会話など一部の授業には、アラブ諸国からの留学生が参加することもあります。こうした授業はアラビア語という言語だけでなく、アラブの文化についても学ぶことのできる貴重な機会となります。さらに本学ではアラビア語を学ぶ学生には、アラブ諸国にある提携校へ留学する者が多く、それによって実践的なアラビア語能力を養うことが期待されています。

卒業後の進路

就職先としては、報道関係、金融、商社、製造業、また官公庁、教育職など多岐にわたります。大学院への進学もかなりあります。またアラブ諸国をはじめ海外で活躍している卒業生もかなりの数に上ります。