学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : 南アジア地域

このページを印刷する

南アジア地域

南アジア地域の魅力

南アジアは、現在では、8つの国家群(アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、インド、モルディヴ、ネパール、パキスタン、シュリー・ランカー)で構成される地域を指しています。この地域の総人口は、15億をゆうに越えているとされます。地球の総人口がおよそ70億ですから、人類の5分の1強の人々が、この地域に暮らしていることになります。したがって、言語話者人口でも、この地域で話されているヒンディー語とベンガル(バングラ)語が、当然、上位に来ることになります。また、南アジアは、3000 万人を越えるとされる移民送り出し地域でもあります。現代世界では、南アジア的なるものとの接触は、もはや、日常的な現象なのです。政治経済をはじめとするさまざまな分野の動向においても、南アジアが看過できない存在となっているのは言うまでもありません。この地域を構成する国家は、歴史において相互に深いつながりを持っているばかりか、各言語話者も、国境を越えて存在しています。あなたがたが、これから勉強しようとするのは、こうした地域なのです。歴史的観点より南アジア世界をとらえ、そこより、現代世界を把握していこうではありませんか。

言語文化学部 国際社会学部
対象言語
ウルドゥー語・ヒンディー語・ベンガル語
対象言語
ウルドゥー語・ヒンディー語・ベンガル語
学問分野
言語学・情報学・言語教育学・異文化コミュニケーション論・文学・芸術学・比較文化論など
学問分野
政治学・経済学・法学・社会学・国際関係論・社会人類学・歴史学・地域研究など
カリキュラムの内容
言語や地域文化についてより深く学び、言語に関する学術的知見、実践的な言語運用力を養い、地域文化と文化全般への理解を深める授業科目が編成されています。
カリキュラムの内容
地域社会や現代世界の諸課題を理解し、世界諸地域と国際関係を捉えなおし、国際社会に関する洞察力を養う授業科目が編成されています。