学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 言語・地域案内ページ : 中央ヨーロッパ地域

このページを印刷する

中央ヨーロッパ地域

中央ヨーロッパ地域の魅力

「中央ヨーロッパ」とはどの地域を指すのか、現在の国の名前を挙げて答えるのは適当ではありません。なぜなら、この地域は20世紀になんども国境線が引き直されたからであり、また、そこでは文化と歴史の共通性は国境よりはるかに強固で、長続きするものだからです。歴史地図を見てください。およそ、神聖ローマ帝国の領域、ウクライナのステップまで広がる旧ポーランド王国、バルト海周辺に至るプロイセン王国、そしてハンガリー王国の歴史的領域に広がるのが「中央ヨーロッパ」という世界です。ハンザ都市のネットワークも重要です。この世界は、いくつもの言語文化や宗派が混淆し、文化的にいくえもの層が重なりあいながら、一つの全体をなしています。それでは多様なものは何によって「中央ヨーロッパ」という全体をつくりあげているのでしょうか。その「魔力」を知ることは、ヨーロッパの文化・文明を知るカギになるはずです。

20世紀の戦争、冷戦の結果、歴史的に形成された「中央ヨーロッパ」は消滅してしまったかのようでした。しかし、21世紀を迎える今日、数々の国境線によって分断された地域から、「中央ヨーロッパ」はゆっくりとよみがえりつつあります。そして、EU 統合がもたらすダイナミックな変化をもっとも必要とし、かつその原動力になっているのが、「中央ヨーロッパ」なのです。この地域を学ぶことは、歴史に根差して未来を学ぶことにほかなりません。

言語文化学部 国際社会学部
対象言語
ドイツ語・ポーランド語・チェコ語
対象言語
ドイツ語・ポーランド語・チェコ語
学問分野
言語学・情報学・言語教育学・異文化コミュニケーション論・文学・芸術学・比較文化論など
学問分野
政治学・経済学・法学・社会学・国際関係論・社会人類学・歴史学・地域研究など
カリキュラムの内容
言語や地域文化についてより深く学び、言語に関する学術的知見、実践的な言語運用力を養い、地域文化と文化全般への理解を深める授業科目が編成されています。
カリキュラムの内容
地域社会や現代世界の諸課題を理解し、世界諸地域と国際関係を捉えなおし、国際社会に関する洞察力を養う授業科目が編成されています。