学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 教育目標、及び、 学位プログラムに関する基本方針 博士後期(ディプロマ / カリキュラム / アドミッションポリシー)

このページを印刷する

教育目標、及び、学位プログラムに関する基本方針
博士後期課程(ディプロマ / カリキュラム / アドミッションポリシー)

大学院の教育目標

東京外国語大学大学院総合国際学研究科は、高度な言語運用能力や学際的応用力等を備え、国際社会に寄与する実践的知識と技法を習得し、世界に活躍することのできる創造的かつ先端的な、研究者や高度職業人を養成することを目指します。

ディプロマポリシー

 総合国際学研究科博士後期課程においては以下の能力や必要な学識を身につけ、学位論文の審査及び最終試験に合格したものに、博士(学術)を授与します。

世界言語社会専攻では、


国際日本専攻では、


 

学位論文の提出にあたっては、所定の学科履修も含めて各自の計画にそった研究を進行させ、指導委員会による面接に合格していることが要件となります。また、学位論文審査委員会による論文審査および公開の口頭試問は、研究テーマの妥当性、研究内容の独創性、問題意識の明確さ、方法論的な一貫性、先行研究との関係、当該分野での学術的水準、論旨展開・文章表現の妥当性など、複数の評価基準に従って行われ、当該分野で学術的な貢献をなし得る高い研究能力をそなえ、将来にわたり専門研究者または高度専門職業人として十分に活躍できると判断される学位申請者に学位を授与します。

 

カリキュラムポリシー

 総合国際学研究科博士後期課程においては、世界地域社会専攻と国際日本専攻において、体系的かつ柔軟な教育課程を提供します。
 世界言語社会専攻言語文化研究プログラムでは、「ヨーロッパ・アメリカ言語論」、「アジア・アフリカ言語論」、「ヨーロッパ・アメリカ文学・文化論」、「アジア・アフリカ文学・文化論」の個別言語・文化を学ぶ科目に加え、「言語学」、「言語情報学」、「音声学」等の科目を設け、世界諸地域の個別の言語や文化、またその対照に関し研究指導を行います。
 世界言語社会専攻国際社会研究プログラムでは、「ヨーロッパ・アメリカ地域研究」、「アジア・アフリカ・オセアニア地域研究」の個別地域を学ぶ科目に加え、「現代世界論」、「国際関係論」の科目を設け、世界諸地域の歴史や社会、国際社会の諸問題に関し研究指導を行います。
 世界言語社会専攻Peace and Conflict Studiesプログラムでは、「Applied Peacebuilding」、「Conflict and Social Change」及び「Foundation for Peacebuilding」の科目を設け、平和構築学の分野で研究指導を行います。なお、授業はすべて英語で行われます。
 世界言語社会専攻アジア・アフリカフィールド研究プログラムでは、アジア・アフリカを対象に、フィールドワーク手法を特色・強みとする言語学研究、人類学研究、地域研究分野で研究指導を行います。
 国際日本専攻では、総合的な日本研究の視野を涵養しつつ、研究領域(日本語研究、日本語教育研究、日本語文学・文化研究、日本社会研究)に応じた体系的な研究指導を行います。

 

アドミッション・ポリシー

 本研究科に入学し教育を受けるには、世界諸地域の言語・文化・社会の仕組みを解明する諸学問分野や、国際的な諸問題を超域的な視点から扱う諸学問について、あらかじめ十分な基礎知識を修得していることが望まれます。また、グローバル化する世界の諸課題に対応するために、学際的・分野横断的な研究をも行いうる柔軟な思考力と強い問題意識を有していることが期待されます。
 4月入学者募集入試は、筆答試験により専門分野における研究に必要な基礎的知識、口述試験では論文と研究計画書により研究遂行能力、及び適性や意欲を見ることで、総合的に判定します。(4月入学)
 10月入学者募集入試は、提出された研究計画書、論文、及び面接試験などにより、研究遂行能力、及び適性や意欲を判定します。なお、世界言語社会専攻の10月入学者募集入試には、Peace and Conflict Studies分野を志願する人、出願時において日本国を含む各国国際機関や国際機関等の正規の職員として日本国以外で勤務中の人などが志願できます。