大学院総合国際学研究科

HOME > 学部・大学院 > 大学院総合国際学研究科 > 博士前期課程専攻案内 : 国際協力専攻

このページを印刷する

国際協力専攻  ※募集は終了しました

本専攻は、官公庁、国際的な機関・団体、企業などで活躍する人材として、理論的、体系的知識をふまえて、社会の各分野で創造的な活動ができる高度職業人を養成します。国際社会で起きている問題の解決に寄与したいという思いを学問的に考察することで、根本的な解決に迫る洞察力と行動力の養成しようというものです。本専攻では、教室の外で実践的な経験を得られるように支援します。

国際協力専修コース

国際協力専修コースは、世界の政治、経済、社会、文化についての専門知識と、外国語の運用能力を具え、官公庁、国際的な機関・団体、企業などで活躍できる人材の養成を目的としています。

国際協力論とそれに関連する社会科学の理論に加えて、本学における地域研究や言語研究をもとにしたカリキュラムが用意されています。また、国際協力・開発援助の現場で活躍している経験豊富な客員教授・助教授 ( 国際協力機構・日本貿易振興機構アジア経済研究所・日本銀行金融研究所 )が、本学の専任教員とともに教育・指導を行います。

また、国内外の機関でのインターンシップも奨励しています。

[開講科目]

国際協力論研究、国際文化論研究、国際関係論研究、国際法・機構論研究、国際経済論研究、グローバルスタディーズ、環境経済論研究、金融論研究、比較政治論研究、比較法制度論研究、比較社会論研究、比較文化論研究、臨地実践演習Ⅰ、臨地実践演習Ⅱ、専門特殊研究

平和構築・紛争予防専修コース

この分野における日本初の研究教育組織として、平和構築・紛争予防専修コース(Peace and ConflictStudies)は、世界各地の紛争を多角的な観点・手法から専門的に研究し、紛争の解決と予防、そして平和構築の諸条件や方法を探求することを目的とします。日本および国際社会において「平和構築・紛争予防」に貢献できる国際的な専門家の育成を目指し、全授業を英語で行います。

[開講科目]

PCS演習 I 、PCS演習 II 、PCS演習 III 、PCS演習 IV 、PCS研究方法論、平和研究、国際関係、国際法・国際協力、平和構築、危機管理、グローバルスタディーズ、ヨーロッパ地域の平和と紛争、アメリカ地域の平和と紛争、アジア地域の平和と紛争、中東地域の平和と紛争、日本と北東アジア地域の平和と紛争、臨地実践演習Ⅰ、臨地実践演習Ⅱ