大学院総合国際学研究科

HOME > 学部・大学院 > 大学院総合国際学研究科 > 博士前期課程専攻案内 : 言語応用専攻

このページを印刷する

言語応用専攻

言語応用専攻は、高度で専門的な職業人を養成する大学院の専攻です。本専攻の各コースは、実践的な実務能力のある人材育成に取り組んでいます。言語・地域に深い関わりをもつ専門的な職業人に必要な豊かな学力に加えて、学際的な教育研究活動を実施する十分な基礎学力を持った学生の入学を期待しています。在職のまま学ぼうという高い意欲のある社会人も積極的に受け入れる方針です。

日本語教育学専修コース

多言語・多文化環境の中で、外国語、或いは、第二言語としての日本語教育にかかわる幅広い専門的知識と研究能力、実践力を身につけます。また、「教育実習」や国内外での授業見学や教壇実習、学会発表・参加を自主的に企画する「臨地実習」科目を通して、自主的な企画・実践力も養成します。(2009年度の海外研修費用は希望者全員が国際交流基金より支援を受ける。)「言語教育学研究方法論」を必修科目としており、研究能力と応用実践力の双方をバランスよく身につけ、この分野の第一線で指導的な役割を果たすことの出来る人材を養成します。

[開講科目]

日本語教育基礎研究、日本語教育実習研究、異文化理解教育研究、比較文化論研究、日本語教育学臨地研究、日本語教育学臨地実習、日本語学研究、日本語教育学研究、外国語教育学研究、対照言語学研究、社会言語学研究、一般言語学研究、音声学研究、言語情報学研究、日本語表現演習、学術表現演習、専門特殊研究

教育実習の紹介・報告はこちら

英語教育学専修コース

国際語としての英語によるコミュニケーション能力の育成が重視される中、言語習得研究や指導理論に基づく教授理論の知識や実践的な指導技術を備えた英語教員の養成が求められています。また、英語教員以外にも、教材・テスト開発などに携わる英語教育の専門家が必要とされています。本コースは、こうした社会的なニーズに対応する人材を養成することを目的としており、専門スタッフによる高度な研究指導が行われます。

[開講科目]

英語学研究、異文化理解教育研究、比較文化論研究、英語教育学臨地研究、英語教育学臨地実習、一般言語学研究、言語情報学研究、英語表現演習、英語学術表現演習、学術英語演習、専門特殊研究

言語情報工学専修コース

英語や日本語だけでなく、様々な言語と情報技術との関わりを理解し、広く、言語・地域文化・国際社会の理解に、情報技術を背景とする深い認識を身に付けることを目指します。さらに、言語(文法構造・音声・文字等)、言語教育、グローバルコミュニケーション、情報メディアと地域社会などに関する課題を、情報工学的アプローチを使い、分析したり解析したりする実践的な能力を習得することができます。 IT関連事業分野はいうまでもなく、遺伝子テクノロジーなど国際競争力が強く求められる先端分野の知的財産部門や企画開発部門で活躍できる人材育成を目指しています。

[開講科目]

情報工学、情報学、言語情報学研究、記述言語学研究、一般言語学研究、音声学研究、各個言語、学術表現演習、専門特殊研究

国際コミュニケーション・通訳専修コース

英語と日本語の高度な運用能力、世界の政治、経済、文化などの幅広い専門知識を具え、国際会議、ビジネス場面などにおける日本語と英語の間の通訳者をはじめ、英語を駆使するプロとして国際ビジネスやジャーナリズムの場面で活躍する専門職業人の育成を目指します。本学の教員、外国人非常勤講師のほか、現役通訳者・翻訳者として活動しているスタッフが指導にあたります。

[開講科目]

通訳理論、学術英語演習、日本語表現演習、英語逐次通訳演習、英語同時通訳演習、通訳実務、国際協力論研究、国際文化論研究、国際関係論研究、国際法・機構論研究、国際経済論研究、環境経済論研究、金融論研究、比較政治論研究、比較法制度論研究、比較社会論研究、比較文化論研究、専門特殊研究