ダブル・ディグリープログラム「公共圏における歴史(HIPS)」

本プログラムは、東京外国語大学とヨーロッパの4大学が合同で運営する、博士前期課程のダブル・ディグリープログラム「公共圏における歴史(HIPS:History in the Public Sphere)」です。

参加学生は、2年半のプログラム期間中に、東京外国語大学、中央ヨーロッパ大学(CEU・ハンガリー/オーストリア)、フィレンツェ大学(UNiFI・イタリア)、新リスボン大学(NOVA・ポルトガル)、フランス国立東洋言語文化大学(INALCO・フランス)の各機関を、セメスターごとに移動しながら学びます。そこで授業の履修、インターンシップなどの実践、修士論文の研究に取り組み、最終的に全機関の合同審査を経て、東京外国語大学の修士(学術)と中央ヨーロッパ大学のMaster of Arts in Historyの2つの学位を取得することができます。

本プログラムの鍵は、「歴史」と「公共圏」です。
歴史が公共世界と結びつく様々なかかわりを考えながら、「記憶の制度化」「歴史の視覚的表象」「包摂と排除の歴史」「グローバルな文脈の歴史」という4つのテーマを立て、社会とのかかわりのなかで歴史をめぐる学術的な知見を生み出し、実践に結びつけることができるグローバルな人材の育成をめざします。

「公共圏における歴史(HIPS)」について より詳細を見る
http://www.tufs.ac.jp/hips/

PAGE TOP