大学院総合国際学研究科

HOME > 学部・大学院 > 大学院総合国際学研究科 > 博士後期課程

このページを印刷する

博士後期課程

東京外国語大学大学院総合国際学研究科は、世界諸地域の言語・文化・社会をめぐる個別的かつ総合的な研究を主体とする我が国でも有数の教育機関であり、これらの分野における国際的拠点としての使命を担っています。従来から我が国と交流関係の深かったアジア地域、ヨーロッパ地域、アメリカ地域の言語・文化・社会に関する研究と教育では、百年を超す伝統を誇っています。その後、本学が研究・教育対象とする地域は拡大し、現在では、東南アジア、中東、東欧諸地域の言語・文化・社会の研究と教育も行うなど世界的な拠点となっています。また、日本研究および日本語教育の国際的拠点でもあります。このような背景をもつ本学大学院は、研究者を含む高度職業人の養成を目指しています。グローバル化の進行する現代社会で真に貢献できる人材には、専門分野でのより深い知識や高度な技術が求められています。本学大学院は、研究力に加え、総合力、実践力、そして世界で活躍するうえで必要な日本力を身につけ、世界や日本でグローバルに活躍することを目指す皆さんの挑戦を待っています。


博士後期課程は、言語文化専攻と国際社会専攻の2つのコースからなっています。



言語文化専攻

本専攻では、高度な言語運用能力を基礎として、様々な言語・文学・文化を理解し、先端的な研究を行ないます。世界の諸地域の言語や文化を個別にあるいは対照的に研究対象としますが、同時に複言語・複文化の視点を併せもつことが重視されます。また、国や地域を超え、学問分野をまたいで、領域横断的な研究に取り組んでいることも特色です。本専攻では、これまで培ってきた着実な言語文化研究の基盤に立ち、グローバル化が進行する世界の状況に柔軟に対応できる教育と研究の環境が整えられています。多彩な教員の指導のもと、様々な研究テーマをめぐって活発な研究活動が展開されています。
博士後期課程の最終目標が学位論文の執筆と博士号の取得にあることは言うまでもありません。もちろんそれは容易な道程ではなく、たゆまぬ努力が必要です。そのため本専攻では、主任指導教員と2名の副指導教員による共同指導体制が実施されており、研究の進捗状況を段階ごとに評価し、助言を与えることによって学位論文の執筆に向けた適切な道筋を示すシステムが構築されています。また現在運営中の各種の教育研究プロジェクトでは、海外での学術調査や研究発表を支援する制度が実施され、教員による大規模な研究計画に自己の研究を連携させる機会もあり、博士論文の完成に向けてこれらのプロジェクトを積極的に活用することが望まれます。
授業科目はそれぞれの国や地域の言語・文学・文化に関する研究と理論系科目を中心に構成されています。専門地域・分野を超えて学生たちが互いに知的刺激を与えあい、交流することができるように工夫された科目も開設されています。社会の要請に応えるという点からは、言語教育学分野の専門コースが設けられており、日本語教育・英語教育において、研究を主眼としながら、同時に高度専門職業人の養成を図っています。

共通科目

記号論、認知科学論、思想文化論、文化人類学、国際文化論、アーカイブズ論、地域研究自立研究、地域研究臨地教育、多分野交流研究

専門科目

言語基礎論、言語教育論、言語教育学自立研究、対照言語論、比較言語文化論、イギリス言語論、イギリス言語文化 論、ドイツ言語論、ドイツ言語文化論、フランス言語論、フランス言語文化論、イタリア言語論、イタリア言語文化論、スペイン言語論、スペイン言語文化論、 ポルトガル言語論、ポルトガル言語文化論、スラブ言語論、スラブ言語文化論、アメリカ言語論、アメリカ言語文化論、ラテン・アメリカ言語文化論、アフリカ言語論、アフリカ言語文化論、中国言語論、朝鮮言語論、モンゴル言語文化論、東南アジア言語論、東南アジア言語文化論、南アジア言語文化論、中東言語論、中東言語文化論、日本言語論、日本言語文化論

国際社会専攻

現代の地球社会化した世界をそのものとして研究の俎上にのせ、具体的な歴史や社会を分析の対象としつつ総合国際学という学問的視座の確立をめざそうというのが、本専攻の特色であり、目的であります。それは同時に、複眼的・学際的な観点から、世界全体を前提とした教育と研究とがめざされているということでもあります。そのために本専攻では、すでに本学において長期にわたって蓄積されてきた豊かな学問的国際連携の実践と経験とを生かしながら、高度で先端的な地域研究や地域横断的研究、国際問題の研究などに取り組みます。
より具体的にいえば、まず諸地域の歴史や政治経済などを、多様な方法と観点から分析することがめざされます。また、地域相互の連関性や学際的横断性にも力点が置かれていますから、国際関係や比較社会・比較文化といった地域横断的な研究や、思想、批評理論などの原理的な研究も活発に行なわれます。さらに、平和構築・紛争予防の分野は英語によって運営され、紛争地域を含んだ世界各地から学生が集まって研究が進められます。
こうして本専攻では、豊かな臨地体験を持ち、現地語資料の読解・分析能力を駆使して、現代世界に生じる様々な問題に積極的かつ柔軟に取り組む先端的な専門研究者、ならびに世界諸地域の言語・文化・社会に関する豊かな教養とグローバルな視点を備えた高度専門職業人を育成したいと考えています。そのための研究指導は、主任指導教員以下3名の指導教員を中心に行われます。学生諸君には、授業へ参加するだけでなく、現地での調査も行いながら、内外の学会における研究発表、論文公刊を重ねて、博士学位論文完成のために精進することが求められています。

共通科目

記号論、認知科学論、思想文化論、文化人類学、国際文化論、アーカイブズ論、地域研究自立研究、地域研究臨地教育、多分野交流研究

専門科目

国際協力論、グローバルスタディーズ特論、国際関係論、比較政治論、比較社会論、比較教育論、国際経済論、国際機構論、ヨーロッパ歴史文化論 I 、ヨーロッパ政治経済論 I、ヨーロッパ歴史文化論 II 、ヨーロッパ政治経済論 II、ヨーロッパ歴史文化論 III 、ヨーロッパ政治経済論 III、アメリカ歴史文化論、アメリカ政治経済論、ラテン・アメリカ歴史文化論、ラテン・アメリカ政治経済論、アフリカ歴史文化論、アフリカ政治経済論、アジア歴史文化論 I 、アジア政治経済論 I、アジア歴史文化論 II 、アジア政治経済論 II、アジア歴史文化論 III、日本歴史文化論、日本政治経済論

ポリシー

大学院後期課程研究者一覧

単位互換・連携・科目等履修