HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > 言語・情報コース

このページを印刷する

言語・情報コース

2017年度

早津 恵美子 (HAYATSU, Emiko)

卒論指導可能分野

日本語学

ゼミ紹介

現代日本語の文法や語彙について、言語学的に考え、理解を深めることをめざします。
年度によって、格、ヴォイス(受身、使役、動詞の自他、授受など)、アスペクト(シテイル、シテアルなど)といった文法的な問題、類義語や多義語の意味分析といった語彙的な問題をとりあげます。
基本的な文献を読み、興味深い点や疑問点を話しあって理解を深めることと、実際の言語データを集めて分析の手順や方法そしてその結果を互いに検討しあうことを、行います。文法についても語彙についても、単語の語彙的な性質と文法的な性質との関わりの中で、実証的かつ理論的に考察することが、実り豊かな成果をうみだすことになると考えています。
また、おりにふれて、文法や語彙の研究が日本語教育の実践とどのように関わるのかも考えていきます。日本語教師を志望する受講生が多かった年度には、基本文献の購読とともに、複数の初級日本語教科書について文法事項や語彙項目の扱われ方などの比較分析を行いました。

卒論・卒業研究について

現代日本語の文法あるいは語彙について、具体的な問題をとりあげて実証的(かつ理論的)に研究することを望みます。日常生活の中で気になる文法事項や語彙について、深く調べてみるといろいろ面白い発見があるでしょう。自身の母方言の文法や語彙の特徴を調べて、いわゆる標準語との異同を分析するのも楽しい研究です。また、日本語教育で使われる初級や中級の教科書について、文法事項や語彙の取り上げ方を調査分析したり、練習問題やテストをつくったりすることも興味深いテーマです。
ここ数年は次のようなことをテーマにした卒論がありました。

「感情を表わす複合動詞の形容詞的・副詞的性格の獲得」「程度副詞「ずっと」と「もっと」について」「終了の「~きる」「~おえる/おわる」「~あげる」の用例分析」「外来語動詞「チェックする」「スタートする」の構文研究」「身体語彙を用いた表現の分析」「漫画作品における日本語オノマトペの形態上の特徴とその中国語訳について」「漫画作品に見られるふりがなの特殊用法の分析と分類」「日本語のスル・ナルの対立と朝鮮語のhada/doedaの対立について」「関東人と関西人のコミュニケーション摩擦の原因」「街中の表示物にみられる日本語の実態」「ドイツ語圏日本語学習者の誤用分析」「日本語教育における終助詞「よ」と「ね」について」

受講上の注意など言語学概論、日本言語研究概論の授業を受講することを勧めます。
​​​​​

last updated on: 2017-08-30