HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > 言語・情報コース

このページを印刷する

言語・情報コース

2017年度

南 潤珍 (NAM, Yunjin)

卒論指導可能分野

朝鮮語学

ゼミ紹介

講義では韓国語語彙論 と 韓国学校文法論を隔年で行います。韓国語の言語学的分析を通じて韓国語の構造に対する理解を深めることを目標とします。
演習は、韓国語コーパス言語学及び韓国語の語彙論、文法論を概観します。コーパス言語学の考え方や可能性を概観した上で韓国語のコーパスの利用方法を実習します。そして参加者の関心分野の韓国語学論文を読み、要約・発表を行います。

卒論・卒業研究について

「卒演」では朝鮮語学に関るさまざまなテーマを対象とします。
卒論のテーマとしては

・韓国語の属格助詞の使用傾向
・日本語の「優しいに」に対応する韓国語の表現
・日本語の「自分」に対応する韓国語表現
・日本漫画の朝鮮語翻訳に見える敬語
・韓国語と日本語の料理レシピーの語彙の対応関係

などが挙げられますが、上記に限られず、資料分析に基づいたことであれば如何なる朝鮮語の現象でもテーマとして扱う事ができます。

受講上の注意など大学院進学希望者は、火曜日4限開講の「朝鮮語学合同ゼミ」を聴講し年1~2回の発表をすることを勧めます。
​​​​​

last updated on: 2016-09-03