HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > 言語・情報コース

このページを印刷する

言語・情報コース

2017年度

中川 裕 (NAKAGAWA, Hirosi)

卒論指導可能分野

音声学・音韻論

ゼミ紹介

みなさんが言語の発音に関してもっている興味や関心や好奇心を、言語学という研究領域で学問的に考察する方法を身につける訓練をします。
音声学的アプローチと音韻論的アプローチの両方をよく理解するための実習を基礎から行います。つまり、それぞれの言語の音声現象や音韻現象の観察の仕方、分析の仕方、文法との関係や歴史的な変化の探究方法を、具体的な実習をとおして習得することを目指します。

卒論・卒業研究について

次のようなトピックが可能です。
(1)特定の言語の音声構造・音韻構造
(2)語形変化に見られる音交替
(3)言語音の歴史的変化
(4)音韻現象の民族誌(e.g.音韻論的な韻文研究)
(5)社会言語学的音韻現象
(6)学習言語における発音の特徴
これら以外にも相談に応じます。

受講上の注意など演習の授業では、(1)音声学的アプローチの実習のためには、フリーウエアのPraatを用いて、自分のPCで音響音声学的分析ができるように訓練します。また、パラトグラフィーなどの調音音声学的な観察方法を身につける練習もします。(2)音韻論的アプローチの実習ためには、音声学概論の「音素論」「素性論」で導入した音韻論的諸概念を発展させて、さらに高度な分析手法を具体的に身につけます。3年生の段階で演習の授業を受け、そこで身に付けた方法を応用して、4年生では卒論・卒研の課題をたてて、それに取り組むことになります。
​​​​​

last updated on: 2017-08-25