HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > 言語・情報コース

このページを印刷する

言語・情報コース

2017年度

鈴木 玲子 (SUZUKI, Reiko)

卒論指導可能分野

ラオス語学・タイ(Tai)諸語の研究

ゼミ紹介

ラオス語をはじめ、タイ(Tai)諸語に属する言語について研究を行います。当該地域は、まだまだ文献も資料も少なく解明されていない部分がたくさんあることから、少しでも学術的貢献度があるように、基本的資料の収集と研究成果の公開に努めます。
具体的にはまず、3年生前半は一つのテーマを決め、そのことについて実際に全員で言語調査を行います。データの収集、整理、検討や関連文献の講読など、実践を通して言語学的方法論、そして何よりも言語学の楽しみを学びます。3年生後半は卒論や卒研のテーマを決める方向で、文献を講読し、読む力や表現力を錬成します。講義でとりあげる文献は学生のみなさんと相談して決めています。4年生になると、全員で卒論・卒研の進行状況を報告し合い、意見交換をします。
また、東南アジア大陸部の言語の3つのゼミが合同で、論文検索実習、語彙対照実習、卒論発表会を行っています。

卒論・卒業研究について

テーマはラオスやタイなどに分布する言語に関することです。もちろんテーマは自分で決めてもらいます。私自身、全ての言語について知識があるわけではなく、資料も持っているとは限らないので、皆さんと共に考え議論をして研究していきたいと思っています。参考までにここ数年の卒論・卒研題目をいくつか挙げておきます。

1)卒業論文
「ラオ語における英借用語の特徴について」
「ラオ語学習における到達度調査から見た研究」
「現代タイ語の/lɛ́ɛw/に関する一考察」
「東北タイ方言の方言意識に関する研究」など

2)卒業研究
「ラオスことわざ解説辞典」
「和食レシピのラオ語訳」など

受講上の注意など鈴木の金曜4限(予定)の選択科目(講義)をなるべく履修してください。
​​​​​

last updated on: 2017-09-18