HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > 言語・情報コース

このページを印刷する

言語・情報コース

2017年度

加藤 晴子 (KATO, Haruko)

卒論指導可能分野

現代中国語の語法・語彙の分野,および,これを基本にした中日対照の分野

ゼミ紹介

現代中国語の語法・語彙の分野,および,これを基本にした中日対照の分野を扱います。中日対照については,あくまでもよりよく中国語を理解するための一手段と位置づけており,日本語を分析しようとする研究とは方向が異なりますので,この点を充分考慮した上で選択してください。その他,中国語教育,方言などに関する分野については,応相談です。
具体的な進め方は,受講者の研究テーマにとって最適となるようにしますが,概ね,各自の作業・調査内容の報告,それに対する教員からのコメント,次回までの作業・調査事項の確認,の繰り返しとなります。

卒論・卒業研究について

普段中国語を勉強していて,ふと感じた疑問が,教員の説明や辞書・文法書の解説で解決できなかった,説明とくいちがう例をみつけてしまった,というところに,テーマがしばしば隠れています。そのままで論文や研究になるとは限りませんが,日頃から「なぜ」を大切に,いつか解決しようという情熱を持ち続ければ,何らかの結果が生まれることでしょう。

受講上の注意など原則として前年度までまたは同時に「アジア・アフリカ言語研究A(中国語学1/2)」および「B(中国語学1/2)」,「アジア・アフリカ言語研究概論A」を履修することを求めます。中国語学のゼミですから,中国語の高度な読解力を有していること,および,中国語文法の基礎知識を有していることが受講に際しての最低条件です。
​​​​​

last updated on: 2017-03-08