HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > 総合文化コース

このページを印刷する

総合文化コース

2017年度

真鍋 求 (MANABE, Motomu)

卒論指導可能分野

運動生理学、神経生理学

ゼミ紹介

何を学ぶことができるのか
 神経生理学や解剖学の基本的な知識をもとに、ヒトの身体運動制御の神経機構について学ぶ。
 測定装置を用いて、様々な運動(スポーツ、トレーニング、武道、舞踊)の実験・解析を行う。
 またサッカー及びスキーに関する技術・指導法に関する研究にも対応する。
演習の具体的な方法と特色
 各種測定装置を用いて実験実習を行い、データの記録や解析を行う。
 具体的には心拍数を指標にした運動負荷テストや、筋電図、眼球運動、反応時間やビデオ解析などの測定を行い、項目ごとにレポートを作成する。また一通り実習項目が終了した後、受講者が興味を持つ項目について取り上げ、実験を行ってレポートをまとめる。
具体的には以下のような項目を取り扱う。
・運動負荷テスト(軽度の運動負荷テストから、最大運動強度を推定する。)
・ニスタモグラフの記録と眼反射(経皮的に眼球の電位を記録し、眼球運動を観察する。)
・単純反応時間の測定(光、音、触覚などの刺激に対する応答時間を測定する。)
・誘発筋電図(電気刺激や機械的刺激を与え、H反射や腱反射を誘発する。)
・随意運動と筋電図記録(様々な運動の筋電図を記録し観察する。)
・様々な動作のビデオ解析(簡易な動作解析)

卒論・卒業研究について

筋電図による様々な運動動作の観察を通して、動きのメカニズムを解析する。
ビデオや様々なトランスジューサー・センサーを用いて身体運動を定量化する。
測定装置が無い場合は既存の装置を改良したり、自作を行う。
これまで投球運動、発声、走運動、ボート漕ぎ運動等について分析をしてきた。
例:発声に関わる体幹表在筋の筋活動について、筋電図による投球動作の解析等

受講上の注意など指定する言語はない。
学年末に発表会を行う。
​​​​​

last updated on: 2015-06-30