HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > 総合文化コース

このページを印刷する

総合文化コース

2017年度

林 佳世子 (HAYASHI, Kayoko)

卒論指導可能分野

オスマン帝国やトルコの歴史・文化

ゼミ紹介

「トルコの歴史と文化」演習は、トルコを中心とした地域の歴史や文化について、卒業論文・卒業研究を進めていくためのゼミです。例年、3年次のゼミでは、ひとつの共通テーマを選び、それを全員で掘り下げ1学期末に中間発表、2学期末にレポートを仕上げることにしています。また、それと平行して、日本語・英語・トルコ語の研究論文を講読し、各自の関心分野の文献収集の足がかりにするようにしています。3年次の1年間を通じて、卒業論文のテーマを、明確で、手の届くものにしていくことが目標です。

卒論・卒業研究について

2013年度にはゼミ生は、次のような卒論を執筆しました。

「19世紀オスマン帝国における西洋風建築―アルメニア人建築家キリコル・バルヤンを例に」
「ハンガリー初等国語教育におけるオスマン史学習の考察-小説『エゲルの星』を用いた学習を通して-」
「グループ・ヨルムとトルコ80年代社会運動」
「Gurgas V. İnciciyanの見たイスタンブル」
「共和人民党(CHP)研究―クルチダルオール党首を中心に」
「新興国トルコ、アパレルブランドにみる衣料品産業の展望」
「ヨーロッパにおけるトルコ人労働者とその権利」
「17世紀オスマン帝国におけるイズミル」
「一面の見出しを通してみる1970年代のCumhuriyet紙の特徴」

受講上の注意など既習言語の指定はありません。
​​​​​

last updated on: 2015-06-30