HOME > 学部・大学院 > ゼミ案内 > グローバルコミュニケーションコース

このページを印刷する

グローバルコミュニケーションコース

2017年度

根岸 雅史 (NEGISHI, Masahi)

卒論指導可能分野

英語教育学、言語テスト研究

ゼミ紹介

「英語教育学概論」においては、英語教育における指導と評価、とりわけ言語テストの作成と分析等について講義します。「英語教育学研究」では、その知識を前提として、関連する文献を読みながら、英語のテスト・教材の開発や分析を行います。この授業では、単に文献の内容を読み取るだけでなく、文献を批判的に読みながら議論することが求められます。なお、「英語教育学研究」では、夏に合宿を行っています。

卒論・卒業研究について

広く英語教育学関連のテーマの卒論・卒研を指導しています。私自身の狭い意味での専門は言語テスト・学習者言語研究・英語のリーディングですが、英語教育に関わる様々な分野のテーマに関わる卒論・卒研の指導を行なってきています。
[例]
・大学入試における発音問題の妥当性―センター試験を例にとって―
・大学入試問題における自由英作文の波及効果
・Communicative Language TestingにおけるリスニングテストのTask Authenticityについて
・Communicative Language TestingにおけるListening testのAuthenticityについて
・ListeningにおけるCan-do statementsの妥当性の検証―実際のリスニング能力と自己評価との関係について―
・中学校の多読指導用の教材を語彙のカバー率から調べる
・民間早期英語教育現場での教師の質問行動分析
・語彙指導におけるコア・ミーニングの役割
・映画の聞き取りの難易度に影響を与える要因
・自由作文への橋渡しとしてのDicto-Compの有効性
・20世紀の英語の達人にみるその学習成功要因
・Japanese learners' phonic acquisition order in English

受講上の注意など卒論演習履修希望者は、1,2年次までに「英語教育学入門」および「英語教育学基礎」を履修しておいてください。もしとれていない場合は、3,4年時での履修を推奨します。
​​​​​

last updated on: 2015-06-30