言語文化学部

HOME > 学部・大学院 > 言語文化学部 > 言語・コース案内 : ウルドゥー語

このページを印刷する

言語文化学部 > ウルドゥー語

ウルドゥー語の魅力

ウルドゥー語ウルドゥー語は、インド亜大陸を中心とした地域で広く通用する言語です。パキスタンの憲法で国語(national language)と定められているほか、インドでも重要言語の1つに数えられるなど、南アジアのムスリム(イスラーム教徒)の共通語としての役割を果たしています。この言語を理解することができる人口は、約4億人に上ります。アラビア語やペルシア語と同様に、アラビア文字を使って書き表されますが、インドの連邦レベルでの公用語の1つであるヒンディー語とは非常に近い関係にあり、口語レベルでは相互理解が可能です。
豊富な文学伝統は、ウルドゥー語の魅力の1つと言えるでしょう。中でも、ガザル(定型叙情詩)に代表される韻文の美しさは、それを学んだものでないと味わうことはできません。
ウルドゥー語は、日本ではほとんどその存在が知られていない言語と言えるかもしれませんが、一歩外に出てみれば、非常に多くの人が理解してくれる言語なのです。インドを中心とする南アジア地域は、これから大きく伸びようとしている地域でもあります。東外大だからこそ学ぶことができる、このウルドゥー語の奥深い世界を、あなたもちょっと覗いてみませんか。

1・2年次のカリキュラム

言語文化学部「ウルドゥー語」の学生は、1・2年次は地域言語科目としてウルドゥー語、および南アジアの地域基礎科目を学びます。2年次後期からは、ウルドゥー語と並行して他の地域言語やそれを取り巻く文化に関する概論科目も学び始めます。

ウルドゥー語、およびウルドゥーの文化を学ぶ(3・4年次)

3年次になると、各自の興味・関心にしたがって、言語情報コース、グローバルコミュニケーションコース、総合文化コースの各コースに分かれ、地域言語や文化に関するより深い内容を学びます。言語文化学部での専門科目としては、ウルドゥー語学、ウルドゥー文学に関する授業が開講されています。言語情報コースでは、現代インド・アーリヤ諸語の1つであるウルドゥー語の言語学的な位置づけや、周辺言語との関係、日本語や他言語との対照研究、豊富な伝統を有する韻文、散文などの文学に接することができます。また、外国人教員による、実践的なウルドゥー語会話・運用能力向上を目指す授業も用意されています。学生各自が、卒業論文、卒業研究のテーマや自らの興味や関心にしたがって、授業を組み合わせて受講することができます。

ウルドゥー語、およびウルドゥーの文化についての卒業論文

「映画から見るインドの言語と文化~DEVDAS(2002)~」
「インド人女性の服装・装飾品~インドで出会った女性たち~」
「インド・パキスタン映画におけるジェスチャーについて」
「パキスタン・スィンド州におけるスィンディー語の教育状況について」
「動物を扱ったウルドゥー語のことわざとそこに見られる動物の概念」
「パキスタンの広告~ウルドゥー語の雑誌広告における英語使用の変遷~」
「ウルドゥー語動乱文学研究」
「パーキスターニー・ポップ・ミュージック」
「『職人用語集』の翻訳及び写真添付によるウルドゥー語・日本語の調理用語辞書の作成」
「ウルドゥー語弱点克服ワークブック」
「サアーダット・ハサン・マントーの短編小説の翻訳」

卒業後の進路

商社やメーカー、外務省専門調査員、国際協力機構(JICA)専門家、パキスタンの大学での日本語教師、高校教員、警察の通訳官など。大学院への進学者も若干ながらいます。最近の就職先は、テレビ東京、日本放送協会、静岡新聞社・静岡放送等のマスメディア、三菱東京UFJ銀行、H.I.S.、西遊旅行、日本通運、川崎汽船などです。