言語文化学部

HOME > 学部・大学院 > 言語文化学部 > 言語・コース案内 : カンボジア語

このページを印刷する

言語文化学部 > カンボジア語

カンボジア語の魅力

カンボジア語カンボジアはベトナムとラオスとタイと海とに取り囲まれ、面積は日本のほぼ半分の約18万平方キロ、人口は推定で約1400万人の国です。昔から大いに繁栄した国で、アンコールワットなどの壮大な遺跡群があり、言語も7世紀初頭からの碑文が残っています。近年では、観光地としてだけではなく、遺跡修復や教育分野での国際協力の場として注目されています。

東外大では、1992年(平成4年)に「カンボジア語専攻」を設立し、それ以来、カンボジアについての教育を行ってきました。4年間体系的にカンボジアのことを学ぶことができ、カンボジア王立プノンペン大学との交流協定によって交換留学を行っているのは日本では本学だけです。

カンボジア研究は未開拓の分野がたくさん残されています。好奇心旺盛で未知のことがらに挑戦し、ねばり強く続ける忍耐力をもった方、卒業後就職しても、文学の翻訳、寺院の壁画の解釈、なぞなぞの収集、毎日のニュースからの政治経済動向の分析などを趣味として一生続けられるような方をお待ちしています。

1・2年次のカリキュラム

言語文化学部「カンボジア語」を選択して入学した学生は、専任教員3名(うち外国人1名)の丁寧な指導のもとに、カンボジア語はもちろん、カンボジアの人と社会について主体的に学びます。1・2年次には、次の授業が必修です。

カンボジア語、およびカンボジアの文化を学ぶ(3・4年次)

3・4年になると言語情報コースや総合文化コースのゼミに所属して各自の卒業論文・卒業研究の準備をすすめます。
これまでの成果はカンボジア語教室のウェブサイトでご覧いただけます。卒業研究に必要となるカンボジア語資料も、本学でしか入手できないものが豊富にそろっています。

カンボジア語、およびカンボジアの文化についての卒業論文

「寺院絵画にみられるカンボジア版ジャータカの特徴」
「幼児教育政策の分析」
「カンボジアの料理用語の考察」
「日刊紙の求人広告にみられるカンボジア経済の変化」
「歴史教科書におけるポル・ポト時代の記述の分析」
「近代小説にみられる母子関係」
「日本史教科書のカンボジア語翻訳の可能性」
「カンボジア語の「対象」や「目的」を表す付属語に関する考察」
「カンボジア語の使役表現について」
「カンボジア語のオノマトペ」

卒業後の進路

民間企業(製造、商社、流通等)への就職が多いのですが、大学院に進学して研究を続けたり、官公庁系の試験を受けたり、国際協力機関で働いたりと、さまざまな方面で卒業生が活躍しています。