言語文化学部の教育

多様な言語と文化を深く学び、世界の架け橋となる

言語文化学部の教育

言語文化学部では、世界のさまざまな地域の言語や文化の学習に重点をおき、日本を含む世界のことばや文化に精通し、優れた職業的能力を備えた国際教養人を養成します。

ことばは文化の一部ですが、同時に、その文化への入り口です。言語文化学部では、言語科目に重点をおき、4年間を通じて、入学時に選択した言語や英語、さらにはそれぞれの分野によって必要とされる外国語を多様に組み合わせ、高いレベルまで習得することが可能です。これを基礎に、専門教育では、ことばや文化を中心とする人間の営みを相対化できる視点を養います。

学びの特徴

  1. 世界の様々な地域の言語や文化の学習に重点
  2. 入学時に選択した言語や英語、その他の外国語を多様に組み合わせ、4年間を通じて高いレベルで習得
  3. 専門教育により、言語や文化を中心とする人間の営みを読み解く力を育成

カリキュラムの特徴

入学後、最初は「世界教養プログラム」と呼ばれる3学部共通のカリキュラムで、入学時に選択した言語とその地域に関わる基礎的な内容や教養科目を学びます。言語文化学部では、言語科目に重点がおかれ、卒業に必要な単位が多めに割り振られています。英語やその他の外国語も含め、言語科目の学習は、基本的には4年間継続しますが、3年次からは学部のコースに進学し、専修科目としておかれている専門教育を受けることになります。

専攻言語

言語文化学部では入学したときに決まる「言語」が、所属の単位となります。4年間を通じて言語の学習は続きます。一方、コースの導入科目、概論科目の履修を通じて、専門分野として何を学ぶのかを決めてゆきます。3年次からはコースに進学します。講義科目の他、指導教員の本ゼミなどを履修し、4年次には卒業論文、卒業研究にとりくみます。

PAGE TOP