言語文化学部

HOME > 学部・大学院 > 言語文化学部 > 言語文化学部の教育

このページを印刷する

言語文化学部の教育

言語文化学部の教育

言語文化学部では、世界のさまざまな地域の言語や文化の学習に重点をおき、日本を含む世界のことばや文化に精通し、優れた職業的能力を備えた国際教養人を養成します。

ことばは文化の一部ですが、同時に、その文化への入り口です。言語文化学部では、言語科目に重点をおき、4年間を通じて、入学時に選択した言語や英語、さらにはそれぞれの分野によって必要とされる外国語を多様に組み合わせ、高いレベルまで習得することが可能です。これを基礎に、専門教育では、ことばや文化を中心とする人間の営みを相対化できる視点を養います。

教育目標、及び、学位プログラムに関する基本方針(ディプロマ / カリキュラム / アドミッションポリシー)

カリキュラムの特徴


入学後、最初は「世界教養プログラム」と呼ばれる2学部共通のカリキュラムで、入学時に選択した言語とその地域に関わる基礎的な内容や教養科目を学びます。言語文化学部では、言語科目に重点がおかれ、卒業に必要な単位が多めに割り振られています。英語やその他の外国語も含め、言語科目の学習は、基本的には4年間継続しますが、3年次からは学部のコースに進学し、専修科目としておかれている専門教育を受けることになります。


言語・コース案内

卒業後の進路

教育機関、ジャーナリズム、情報、語学、人材育成分野、通訳、グローバル企業、NGO、研究者などの第一線で活躍する人材をめざします。



国際社会学部/国際関係コース 国際社会学部/現代世界論コース 国際社会学部/地域社会研究コース 言語文化学部/総合文化コース 言語文化学部/グローバルコミュニケーションコース 言語文化学部/言語情報コース