国際日本学部の教育

国際的な視野から日本を総合的に学び、世界に向けて日本を発信

国際日本学部の学び

国際日本学部は、世界の中の日本を学び、日本の、その先を考える場所です。留学生と共に学ぶため、教室がすでに小さな国際社会。
学ぶ言語(共通言語)は、英語と日本語です。それぞれの運用能力を高めながら、日本を総合的に学びます。入学直後に受ける授業の多くは、プロジェクト主体のアクティブ・ラーニング。研究フィールドは、日本のすべて。多彩で刺激的な授業から、「自分が追求したい日本」のテーマを学びましょう。
英語圏を中心に、世界各地への留学のチャンスも豊富です。充実した短期留学プログラムや長期留学プログラムにより、学びの場は海外にもつながります。

学びの特徴

  1. 日本そのものをフィールドとして分野を超え、多角的な視点で日本を捉え直します。私たちが暮らす日本という国を、世界の中に位置付けて学ぶのが国際日本学部です。具体的には、日本の政治・経済・社会・歴史、日本の文学・文化、日本語を学びます。また、世界で日本語を教えるための知識も身に付けることができます。
  2. 日本語と英語をコミュニケーションツールとして用い、日本人学生と留学生が一緒に学びます。
    国際日本学部は、英語でも日本語でも、きちんとしたコミュニケーションがとれるようになることを目標としています。英語で行われる授業も多くありますが、日本語の書く、読む、話す力を高めるプログラムも用意されています。
  3. 自律性を涵養し、多様な人々との協働による課題解決型のアクティブ・ラーニングに取り組みます。1年次の「多文化コラボレーション」をはじめ、多くの授業で、問題を発見し、解決の方策を話合い、そして解決のために行動する活動を行います。

4年間の学び

入学後は、最初は「世界教養プログラム」とよばれる3学部共通の教養科目の幅広い選択肢のなかから、興味のあるトピックスを選んで学習します。また、言語科目で英語力を向上させます。一方で、国際日本学部の必修科目「多文化コラボレーション」「地域社会フィールドワーク」「社会発信型プロジェクトワーク」「教育支援フィールドワーク」を通じて協働する手法を学びます。3年次は、専門科目では講義・演習が始まり、研究技法を身につけていきます。また、全学年を通して多くの学生が留学を経験します。

【1年次】

「多文化コラボレーション」科目は全員が履修し、日本人と留学生が協働して問題発見し解決する手法を学びます。国際日本学部の導入科目では、英語で日本の社会、歴史、文学・文化、言語を学びます。また、言語科目で英語力・日本語力を向上させます。さらに、3学部共通の教養科目の幅広い選択肢のなかから、興味のあるトピックスを選んで学習します。特に「教養日本力科目」では、世界各地の協定校からの交換留学生とともに、日本について学びます。夏学期・冬学期には、「短期海外留学」への参加機会もあります。2年次からの交換留学を希望する人は、1年の秋学期に応募します。

【2年次】

「地域社会フィールドワーク」や「社会発信型プロジェクトワーク」、「教育支援フィールドワーク」で協働活動を進めます。教室の外での活動も広がります。国際日本学部の概論科目で日本についての知識を深めます。また、引き続き英語・日本語を磨きます。その一方で、3学部共通の言語学習の科目(「世界言語科目」、「教養外国語科目」、「諸地域言語科目」)で、日本語・英語以外の外国語にも触れましょう。選抜を経て、2年次秋学期から1年間の交換留学に出発する人もいます。

【3年次】

多くの学生が、長期の交換留学や短期海外留学、海外でのインターンシップなど、留学プログラムに参加します。学習の場は世界に広がります。専門科目では講義科目と演習科目を履修します。特に注目される科目は、「異分野横断研究」と「異分野横断演習」。前者は、国際日本学の諸分野をリレー講義により学びます。後者では、日本人学生と留学生がチームを組み、身近な問題の解決に取り組みます。なお、国際日本学部では、複眼的に日本を見る力を養うため、二つ以上の分野の演習科目の履修を義務付けています。アドバイザーの教員と相談し、幅広い学びと専門的な学びのバランスをとって履修しましょう。

【4年次】

指導教員のもとで卒業研究を行います。英語で執筆する場合には日本語で長文要旨を、日本語の場合には英語で長文要旨を作成し、2言語で研究成果をまとめます。卒業後の進路を決めるのも、4年次の大事な課題です。東京外国語大学は、グローバルキャリアセンターを通じ、皆さんの就職活動をバックアップしています。

開講科目

  • 【協働実践科目】
    多文化コラボレーション1・2、地域社会フィールドワーク、社会発信型プロジェクトワーク、教育支援フィールドワーク


  • 【導入科目】
    日本学基礎、日本社会入門、日本史入門、日本文学・文化入門、日本語学入門


  • 【概論科目】
    日本社会分析概論、日本外交・国際関係概論、日本史・社会概論、日本文学・文化概論1・2、日本語学概論1・2、日本語教育学概論1・2


  • 【専門講義科目】
    異分野横断研究1・2、文化理解、多文化社会論1・2、日本政治・経済1・2、現代日本社会論、日本外交・国際関係1・2、日本史1・2、日本思想史1・2、日本文化1・2、日本近現代文学1・2、日本古典文学1・2、漢文学、書道、日本語古典文法1・2、日本語学1・2、第二言語習得論1・2、日本語教育学1・2


  • 【専門演習科目】
    異分野横断演習1・2、多文化社会演習1・2、日本社会演習1・2、日本文学・文化演習1・2、日本語学演習1・2、日本語教育学演習1・2


  • 【卒業研究】
    卒業研究演習1、2、卒業研究
PAGE TOP