国際社会学部

HOME > 学部・大学院 > 国際社会学部 > 地域・コース案内 : 北西ヨーロッパ地域

このページを印刷する

国際社会学部 > 北西ヨーロッパ地域

北西ヨーロッパ地域の魅力

北西ヨーロッパ地域 北西ヨーロッパ地域には、グレイト・ブリテン及び北アイルランド連合王国とアイルランドという2つの国家があります。この地域は民族、歴史を異にする多様な人々が暮らしながら、国民国家の創造という点で近代社会を先導してきた点でユニークです。歴史と伝統をうまく織り込みながら、広い領土にいる多様な人々を一つのイギリスに統合しました。連合王国の国旗は「ユニオン」ジャックであり、多様な民族のまとまりを示します。現在では、EUとの統合、国内諸地域の独立要求、世界各地からの移民流入による多文化社会形成といった現代的課題に率先して取り組み、この点でも地域の豊かな創造性を見せています。そうしたことがこの地域の歴史、文化及び活動を注目すべきものにしています。

カリキュラムと開講科目の特色

北西ヨーロッパ地域を学ぶにあたり、1・2年次には週に5コマを使って高度な英語を学びます。英語は今やグローバルに使用されていますが、この地域の生活、文化、思想を強く反映する言語です。自由や個人主義の理念が文化を異にする個人間の高いコミュニケーション力を磨いたからこそ、世界をつなぐ言語の代表となっています。英語表現を通じても北西ヨーロッパ地域の活力を見いだして下さい。

1・2年次の地域基礎科目では、イギリス(連合王国)の文化と歴史を中心にこの地域の基本的な特質を理解します。

このほか、1・2年次にはコース共通、および「地域社会研究コース」「現代世界論コース」「国際関係コース」の導入科目や概論科目を受講し、3年次以後のコース選択につなげていきます。3年次以後は3つのコースのいずれかに進学し、それぞれのコースの専門科目のなかで北西ヨーロッパ地域を学ぶことができます。