地域社会研究コース

コースの魅力

コースの魅力

地域社会研究コースは、世界の様々な地域に住む人たちの世界を具体的な事例に即して考察するコースです。そうした考察の中で、「歴史的なものの見方」と「現代社会を構造的に捉える視角」を学びとってもらうことが期待されています。
上の画像は、アメリカ合衆国ニュージャージー州の画家ジョン・コリンズの水彩画 “New Garden Meeting House”(1869)で、ノースカロライナ州に実在するクウェーカー教徒たちの集会場とそこに集まる人たちを描いた作品です。
17世紀の英国に起源を求めることのできるクウェーカー教徒は、教会組織を作らず信者たちの集まる集会場(Meeting House)で礼拝を行なっていました。また、徹底した平和主義を信奉していることでもよく知られています。ノースカロライナ州のクウェーカー教徒たちの多くは、この地域全体を巻き込んだ南北戦争にも従軍しませんでした。第一次世界大戦および第二次世界大戦など、20世紀の主要な戦争においては、戦闘に直接かかわらない後方支援の部隊に配属されるかあるいはいわゆる「良心的兵役拒否」が認められてきた歴史をもっています。このような人たちはどんな人たちで、彼らの住む世界はどのように形成されてきたのか、また、現在彼らはどう生きているのか。例えばこうしたことを考えてみるのが、本コースの特徴です。

カリキュラム

本コースは、世界の諸地域の現在を政治、経済、社会などの諸側面から理解するための科目群と、世界の諸地域を歴史的観点から理解するための科目群から構成されています。まず、地域研究の実践例や歴史学の方法論について入門的に学ぶ導入科目があります。さらに専門的な研究の方法と実践について概論科目を通して学びながら、自分のフィールドとなる地域と研究手法を選び、3年次以降は専門科目を通して専門性を高めていきます。メインとなるフィールドを持ちつつ、地域横断的に学び、研究することも可能です。

導入科目

地域社会研究入門/歴史社会研究入門

概論科目

地域社会研究概論/歴史社会研究概論/地域社会研究方法論

選択科目と演習・卒業論文演習

北西ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、西南ヨーロッパ、イベリア、ヨーロッパ、北アメリカ、ラテンアメリカ、ロシア、中央アジア、アジア、東南アジア、南アジア、中東、アフリカ、オセアニアの各地域の地域研究/トランス・リージョナル/人文地理学/自然地理学/地誌学 など

卒業論文

これまでの卒業論文の一部を紹介します
・19世紀ウェールズにおけるナショナリズムの形成と発展――ウェールズ語との関係を中心に
・日本・ポーランド間の学生交流の現状と展望――日本ポーランド学生会議2018の例を通して
・アントニン・レーモンドの対日戦争協力――アメリカの爆撃対策とダグウェイ基地日本村
・中央アジア・ロシア間の労働移民――ロシアはファーストチョイスであり続けるのか
・弾圧期の日本におけるイエズス会の活動の変化――キリシタン版の検証により
・テクノロジー型無人店舗とECの比較を通じたアリババ「新小売戦略」の分析
・ベトナム社会の高齢化に伴う介護人材育成の現状と課題
・イスラーム神秘主義における諸宗教の共存――ダーラー・シコーの「存在一性論」の考察を通して
・インド国内における外食産業の発展と今後――食における懸念要因と世界の一体化
・1970年代の門戸開放政策はエジプトの社会経済にどのような変容をもたらしたのか

卒業後の進路

このコースを卒業した学生には、専攻言語および英語の運用能力とともに、自己文化を相対化し、異なる社会や文化の中で生活している人々への基本的な理解をもつことが期待されています。卒業生たちは、マスコミや金融、メーカー、教育機関などで国際的に活躍しています。また、国内外の大学院へ進学してさらに研究を深める卒業生もいます。

PAGE TOP