学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > グローバル人材育成言語教育プログラム(GLIP)

このページを印刷する

グローバル人材育成言語教育プログラム
Global Linkage Initiative Program(GLIP)

グローバル人材育成言語教育プログラム(GLIP)は、グローバル化が進む現代の国際社会で必要とされる職業人を育成するためのプログラムです。国際社会で活躍するためには、どんな相手とも相互に理解を深め、創造的な関係を構築できるよう、グローバルな言語である英語のコミュニケーション力が求められます。また自己や自分の文化を相対的に認識する視点と、幅広い教養が必要です。

GLIPでは、このような力を備えた人材の育成を目的として、英語力を磨くための「GLIP英語科目」と、国際的な教養を英語で身につけるための「英語による科目」を提供しています。これらはすべて正課として開講され、一定数まで卒業所要単位に算入されます。

GLIP図

GLIPの特長

GLIP英語科目――英語「を」学ぶ

「GLIP英語科目」は、英語の運用能力を高めるための授業です。Interactive English、Academic English、Career Englishの3つのカテゴリーがあり、無理なくステップアップしながら大学レベルの英語力を身につけられるようにカリキュラムが構成されています。また、留学、就職、大学院進学などそれぞれの目的に応じた柔軟な履修が可能です。
さらに、夏・冬学期中に英語の4技能を集中的に訓練するためのIntensive Englishも用意されています。

※これら正課の授業以外に、英語学習支援センター(English Learning Center: ELC)が個人のニーズに合わせた自律学習をサポートします。

ELCの<英語自律学習支援プログラム>
  スピーキングプログラム
  ライティングプログラム
  e-Learningプログラム
  多読多聴ライブラリー   and more…

英語による科目:教養GLIP科目と専修GLIP科目――英語「で」学ぶ

「英語による科目」では、国際的な教養や専門知識を英語で学びます。英語による科目は、内容の専門性によって「教養GLIP科目」と「専修GLIP科目」に分かれています。教養GLIP科目は世界教養科目、専修GLIP科目は導入科目、概論科目、選択科目として開講されます。科目の種類によって履修できる学年や条件が異なります。

英語による科目は2学部6履修コースの内容に対応する、以下の6つの分野で開講されています。
開講科目については、2017 GLIP英語による科目一覧も参照してください。


開講分野 対応する履修コース 学部
Language and Information Studies 言語・情報 言語文化学部
Applied Language and
Communication Studies
グローバル
コミュニケーション
Culture and Literary Studies 総合文化
Area Studies 地域社会研究 国際社会学部
Contemporary Global Studies 現代世界論
International Relations 国際関係