学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 世界教養プログラム > 地域言語 : ウルドゥー語

このページを印刷する

世界教養プログラム > 地域言語 > ウルドゥー語

履修について

・地域言語A「ウルドゥー語」は、言語文化学部ウルドゥー語の学生と、国際社会学部南アジア地域(ウルドゥー語配属)の学生が履修する授業です。
・言語文化学部ウルドゥー語の学生は、「ウルドゥー語Ⅰ」、「ウルドゥー語Ⅱ」、「ウルドゥー語Ⅲ」を順に履修し、4年間で最低28単位を取得することが必要です。
・国際社会学部南アジア地域(ウルドゥー語配属)の学生は1・2年次に、「ウルドゥー語Ⅰ」、「ウルドゥー語Ⅱ」を履修します(20単位必修)。3・4年次については、選択科目として「ウルドゥー語Ⅲ」を履修することができます。

内容

1年次では、ウルドゥー語の文字の書き方や発音といった基礎から始め、週5コマの授業でまず基礎文法を中心に学びます。基礎文法と並行して、会話、作文、読解の授業も行います。2年次の週5コマの授業では、1年次後半で始めた会話、作文、読解の能力を高め、ウルドゥー語を使って日常生活が送れることを目指します。3年次以降は、自らの関心分野に応じたより高度で専門的な内容の授業を選択することにより、1・2年次で身につけたウルドゥー語運用能力をより向上させてゆきます。
ウルドゥー語