学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 世界教養プログラム > 地域言語 : 日本語

このページを印刷する

世界教養プログラム > 地域言語 > 日本語

履修について

・地域言語A「日本語」は、言語文化学部日本語の学生と、国際社会学部日本地域の学生が履修する授業です。
・1年次履修「日本語Ⅰ」の単位数は、日本人学生は10単位、外国人学生は14単位です。2学部共通授業と、学部に分かれて履修する授業からなっています。いずれの場合も授業は通年で、単位は一括の形で認定されます。「日本語Ⅰ」が修得できなった場合は、「日本語Ⅱ」を履修することができません(進級要件)。
・2年次履修「日本語Ⅱ」の必修単位数は10単位です。

内容

日本語日本の言語・文学・文化等について、できるだけ外国人学生・日本人学生が一緒に学べるようにカリキュラムを組んであります。日本人学生にとっても外国語として日本語を学ぶことは既習の体験ではなく、新鮮な経験となるはずです。ただ、外国人学生は言葉の運用能力のさらなる訓練が必要ですし、知識面の補習も必要です。そのための授業(口頭表現、文章表現、読解、古文など)は、外国人だけの教室で学びます。一方日本人学生も、母語と母国を相対化するための訓練がさらに必要です。そのための授業(他言語に関する授業)は日本人だけの教室で学びます。また、言語文化学部・国際社会学部それぞれの必要に応じて、各学部の所属学生独自の授業も用意されています。