学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 世界教養プログラム > 地域言語 : インドネシア語

このページを印刷する

世界教養プログラム > 地域言語 > インドネシア語

履修について

・地域言語A「インドネシア語」は、言語文化学部インドネシア語の学生と、国際社会学部東南アジア第1地域(インドネシア語配属)の学生が履修する授業です。
・言語文化学部インドネシア語の学生は、「インドネシア語Ⅰ」、「インドネシア語Ⅱ」、「インドネシア語Ⅲ」を順に履修し、4年間で最低28単位を取得することが必要です。
・国際社会学部東南アジア第1地域(インドネシア語配属)の学生は1・2年次に、「インドネシア語Ⅰ」、「インドネシア語Ⅱ」を履修します(20単位必修)。3・4年次については、選択科目として「インドネシア語Ⅲ」を履修することができます。

内容

1年次では、「文法」が週2回あり、その中で学んだ事項を踏まえて週1回の「作文」で練習を重ねて身につけていきます。また週2回の「会話」で、実践的な側面からの習得も目指します。こうしてインドネシア語の基礎的な運用能力を固めていきます。
2年次では、1年次で習得した基礎的な語学力をさらに高めます。「作文」「会話」に加え、週3回の「読解」で、論説文や時事文、文学作品などを講読することにより、読解力や語彙力の向上を目指します。
3年次以降では、より高度な語学運用能力の習得を目指します。「作文」「会話」では筆記表現能力や口頭表現能力、プレゼンテーションの技術の向上を、「読解」ではさまざまなジャンルの文章の多読・精読を行ないます。
インドネシア語