学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 世界教養プログラム > 地域言語 : 英語

このページを印刷する

世界教養プログラム > 地域言語 > 英語

履修について

・地域言語A「英語」は、言語文化学部英語の学生と、国際社会学部北西ヨーロッパ地域・北アメリカ地域・オセアニア地域の学生が履修する授業です。
・1年次履修の「英語Ⅰ」は、10単位が一括の形で認定されます。「英語Ⅰ」の10単位の修得ができなった場合は、「英語Ⅱ」を履修することができません(進級要件)。
・2年次履修の「英語Ⅱ」の必修単位数は、言語文化学部英語の学生では10単位、国際社会学部北西ヨーロッパ地域・北アメリカ地域・オセアニア地域の学生には8単位です。
・3,4年次履修の「英語Ⅲ」の必修単位数は、言語文化学部英語の学生では8単位、国際社会学部北西ヨーロッパ地域・北アメリカ地域・オセアニア地域の学生には10単位です。

内容

地域言語として英語を選んで入学した学生の大半は、すでに6年間以上英語を学んできています。しかしその内容は、社会に出て仕事や研究のツールとして使うには全然足りません。そこで、入学してから卒業するまでの4年間で、英語を多角的に学び、教養のある「大人の英語」に向上させていく必要があります。
1・2年次では、「読む」「聴く」の受信面と「書く」「話す」の発信面の4技能を大学レベルまで高め、更に3・4年次では各自の専門分野に絡めたかたちで、より高度な英語運用能力が身につくように勉強します。
英語