学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 世界教養プログラム > 地域言語 : ビルマ語

このページを印刷する

世界教養プログラム > 地域言語 > ビルマ語

履修について

・地域言語A「ビルマ語」は、言語文化学部ビルマ語の学生と、国際社会学部東南アジア第2地域(ビルマ語配属)の学生が履修する授業です。
・言語文化学部ビルマ語の学生は、「ビルマ語Ⅰ」、「ビルマ語Ⅱ」、「ビルマ語Ⅲ」を順に履修し、4年間で最低28単位を取得することが必要です。
・国際社会学部東南アジア第2地域(ビルマ語配属)の学生は1・2年次に、「ビルマ語Ⅰ」、「ビルマ語Ⅱ」を履修します(20単位必修)。3・4年次については、選択科目として「ビルマ語Ⅲ」を履修することができます。

内容

1・2年次では文法・会話・作文・読解の4つの分野を体系的に学んで基礎力を付けていくように授業が組まれています。1年次は文字と発音、そして口語文法と表現を学び、2年次からはこれに加えて文語も扱います。2年次までにビルマ語の基礎的な運用能力をベースとして、3年次からは上級会話・翻訳・読解(コンテンツ・ベース)といった高度な言語運用能力を習得するための授業が用意されています。
ビルマ語