学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 世界教養プログラム > 地域基礎科目 : 東南アジア地域

このページを印刷する

世界教養プログラム > 地域基礎科目 > 東南アジア地域

東南アジア地域に関する「地域基礎」

言語文化学部インドネシア語、言語文化学部マレーシア語、言語文化学部フィリピン語、言語文化学部タイ語、言語文化学部ラオス語、言語文化学部ベトナム語、言語文化学部カンボジア語、言語文化学部ビルマ語、国際社会学部東南アジア第1地域、国際社会学部東南アジア第2地域に入学した学生は、次の形で、地域基礎を履修します。
上記の単位に所属する学生全員が、まず「地域基礎1A」により、東南アジア地域全域の、歴史・社会・宗教・政治・経済・文化・文学・言語について基本的な事柄を学びます。その目的は、広く東南アジアを知り、各自で問題を解決するリサーチ力をつけることです。

地域言語がインドネシア語の場合

「地域基礎1A」に加えて、インドネシアに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、インドネシアの地理・歴史・社会・文化などについて、基本的な内容から始まり、より深い知識を得ていきます。

地域言語がマレーシア語の場合

「地域基礎1A」に加えて、マレーシアに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、典型的な多言語多文化社会といわれるマレーシアの歴史的な成り立ち、民族と言語、宗教と社会、政治と経済の特徴についてより深く考察します。同じマレー語圏に属するシンガポールやブルネイをはじめとする他の東南アジアの諸地域と比較するなかで、マレーシアの特質を多角的に理解し、多様性に富むマレーシア社会の豊かさや魅力を感じることができるでしょう。

地域言語がフィリピン語の場合

「地域基礎1A」に加えて、フィリピンに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、フィリピンについて学びます。
高校と大学との「学び」の大きな違いは、答えがひとつではないという点です。また学びの目的も、必ずしも答えを出すことが目的ではありません。問題を見つけて、文献を調べ、考え続けること、そして問題の諸相を明らかにし、論文の形にして主張することが大学での学びです。地域基礎科目は、フィリピンや東南アジアの資料(データ)を集め、言語・歴史・経済・政治・文学などの学問分野の方法や理論を学び、データを方法・理論によって分析するしかたを学ぶ場です。フィリピンの人びとは、フィリピンや東南アジアだけでなく、世界中で活躍しています。そこでまずは、フィリピンの言語・歴史・社会・経済・政治・文化等を学び、その上で、フィリピンの人びとが活躍する世界の現在について考え続ける方法を学びます。そして学びの過程で、自らと向き合い、自分が作り上げてきた世界観自体を、変え続ける不断の作業こそが、学びの大きな目的です。

地域言語がタイ語の場合

「地域基礎1A」に加えて、タイに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、タイの地理、歴史、宗教、政治、経済、社会、文化の基礎を総合的に学びます。たとえば、モンスーンの影響を強く受けて乾季と雨季がはっきり分かれるタイの自然環境をはじめとして、スコータイ王朝、アユタヤ王朝、トンブリ王朝、ラタナコーシン王朝と続くタイの歴史、古い伝統を持つ上座部仏教、民主化と政治的対立やグローバル化の中で発展する経済など、タイという地域を理解する上で必修の事項を幅広く学びます。

地域言語がラオス語の場合

「地域基礎1A」に加えて、ラオスに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、「東南アジア世界の中のラオス」、「世界の中の東南アジア」という広い視野で包括的に学びます。ラオス語や他の東南アジアの各言語と深く結びついている歴史や政治、経済、宗教、社会、文学、考古学などについて、その普遍性や多様性に着眼して学習します。

地域言語がベトナム語の場合

「地域基礎1A」に加えて、ベトナムに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、ベトナムについて学びます。東南アジア全域の言語、文学、歴史、社会、宗教、政治、経済等を他の東南アジアの地域言語を選択した学生たちと一緒に学ぶ「地域基礎1A」と、地域言語としてベトナム語を選択した学生のみでベトナム事情を学ぶ「地域基礎2A」(2コマ)の2つの地域基礎科目を履修することによって、専攻する地域言語の国(ベトナム)について幅広くかつ深く理解するとともに、東南アジア全域に関しても基礎的な知識と「土地勘」が培われるようにします。

地域言語がカンボジア語の場合

「地域基礎1A」に加えて、カンボジアに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、カンボジアの地理・歴史・社会・文化などについて学びます。

地域言語がビルマ語の場合

「地域基礎1A」に加えて、ミャンマーに特化した「地域基礎2A」(2コマ)により、ミャンマー事情に関するより深い知識を実習形式で学びます。