本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



 

スワヒリ語

お申込み受付は、優先受付 8月24日(水)午前10:00から

        一般受付 9月1日(木)午前10:00から開始します。
詳しくは、「お申込み」のページをご覧ください。


このページ内の目次


スワヒリ語初級Ⅱ(府中・夜間)

講座名 スワヒリ語初級Ⅱ(府中・夜間) A161026
会場名 府中キャンパス
曜日・時間

火曜日 19時20分~20時50分

開講日

2016年10月4日~2017年1月10日 (休講日 11月22日、12月27日、1月3日)

講師 阿部 優子(本学アジア・アフリカ言語文化研究所特任研究員)
重点を置く学習内容

会話・作文・講読

受講対象者 本講座のスワヒリ語Ⅰを履修された方、あるいはスワヒリ語の文法について、ある程度、理解できる方を対象とします。指定テキストの10課までの文法事項を理解できていれば、履修できます。
講座説明 スワヒリ語は、アフリカ大陸ではアラビア語に次ぐ話者数を持つ、東アフリカ(特にタンザニア、ケニア、ウガンダ、コンゴ民主共和国東部)の地域共通語です。スワヒリ語は、ある程度「いいたいこと」が言える春期間は単文を中心に習得しましたが、秋期間授業では複文や関係節を学習し、より複雑な文を作れるようにします。また現地のメディアの素材を用いて、聞き取る力、読む力も徐々につけるようにします。テキストは11課より進めていきます。
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
10月4日
10月11日
10月18日
10月25日
11月1日
11月8日
11月15日
11月29日
12月6日
12月13日
12月20日
1月10日
イントロダクション、春期間の復習
現在時制a-と接続形(第10課)
関係節、時刻の表現(第11課)
指示詞、コピュラ動詞の関係節(第12課)
動詞の派生(使役・状態)、関係節(第13課)
命令表現、接続形(第14課)
動詞の派生(受身)、数詞(第15課)
動詞の派生(相互・反転)、再帰(第16課)
反実仮想、接続形(第17課)
場所クラス、複合時制(第18課)
接続形、習慣(第19課)
手紙の書き方(第20課)
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
阿部
テキスト 『ニューエクスプレス スワヒリ語』 竹村 景子 白水社 本体3,000円+税
回数

全12回

受講料

18,540円

開講形式 単独講義 定員 20名

オープンアカデミー
に関するお問い合わせ
東京外国語大学 総務企画課
電話:042-330-5823
FAX:042-330-5140
Eメールでのお問い合わせ

Copyright© Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.