本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



 

朝鮮語

お申込み受付は、2月22日(水)午前10:00から開始します。
詳しくは、「お申込み」のページをご覧ください。


朝鮮語初級Ⅰ(府中・夜間)

講座名 朝鮮語初級Ⅰ(府中・夜間) A1704042
会場名 府中キャンパス 曜日・時間 月曜日 19時20分~20時50分
開講日 2017年4月3日~8月7日(休講日 5月1日、7月17日)
講師 丹羽 裕美(TUFSオープンアカデミー講師)
重点を置く学習内容 文法・会話・リスニング・文字・発音・読み
受講対象者 初めて韓国・朝鮮語を学ぶの方から受講可能です。4月にハングル文字と発音を中心に学び、その後はスキットを通して文法や表現を学びます。 入門や初級レベルだけでなく、なんとなくしゃべれるけれど、もう一度基本をおさらいしたいという学習者にも適しています。
講座説明 本講座では、文法事項を丁寧に解説したのち、読解・聴解・会話の練習を十分に行います。 4月は『最新チャレンジ!韓国語』の第1課から第4課でハングル文字を読んで書けるようにします。5月からは第5課から第11課まで学習を進めます。 前期の終了時には韓国旅行で買い物が出来たり、簡単な会話が出来るレベルを目指します。 欠席された方に対してはフォローもいたしますので気軽にご参加ください。授業の中は耳や口をふんだんに使い楽しい雰囲気の中で学習していきましょう。
テキスト 『最新チャレンジ!韓国語』 金順玉、阪堂千津子著 白水社 本体2,300円+税
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17

4月3日
4月10日
4月17日
4月24日
5月8日
5月15日
5月22日
5月29日
6月5日
6月12日
6月19日
6月26日
7月3日
7月10日
7月24日
7月31日
8月7日
第1課 基本母音字と合成母音字(1)
第2課 基本子音字
第3課 合成母音字(2)
第4課 パッチム(終声)
第5課 自己紹介をしてみましょう。
第6課1 予定や持ち物の有無をたずねてみましょう。
第6課2 位置を表す語や数字に親しむ
第7課 興味を持ったことをたずねてみましょう。
まとめと演習
第8課1 用言の活用(1)
第8課2 自分のすることを述べてみましょう。
第9課1 用言の活用(2)
第9課2 自分の好みを述べてみましょう。
第10課1 自分の願望を述べてみましょう。
第10課2 自分のしたことを述べてみましょう。
第11課1 自分の予定や推測
第11課2 買い物してみましょう。を述べてみましょう。
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
丹羽
回数 全17回 受講料 26,270円
開講形式 単独講義 定員 20名

朝鮮語初中級Ⅴ(府中・夜間)

講座名 朝鮮語初中級Ⅴ(府中・夜間) A1704043
会場名 府中キャンパス
曜日・時間 木曜日 19時20分~20時50分
開講日 2017年4月13日~7月6日 (休講日 5月4日)
講師 山崎 亜希子(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法・会話・発音
受講対象者 朝鮮語(韓国語)を週1回2年半~3年程度勉強したことのあるレベルの方を対象としたクラスです。ハングルを読んだり書いたりできる方、自己紹介をしたり、ふだんのことやできごとなどについて簡単な会話をすることができる方であれば、初中級IV(昨年度)からの継続でなくともかまいません。
講座説明 本講座では、文法事項を丁寧に解説しながら、「話す・聞く・読む・書く」をバランスよく学んでいきます。 昨年度(初中級IV)は『ちょこっとチャレンジ!韓国語』の第7課まで進みました。今期は第8課からスタートし、これまで学んだ文法を確認しながら、会話文を通じて表現のレベルアップを目指します。今期12回の目標は、理由の表現やさまざまな文末表現を使って少し長い文章を話したり、書いたりできるようになることです。また、韓国語のイントネーション(抑揚)規則に基づいて発音練習をしたり、読み物や時事ニュースなどを通じて、よく使う単語や表現を増やしていきます。さあ、楽しく勉強しましょう。
テキスト 『ちょこっとチャレンジ!韓国語』 金順玉、阪堂千津子、崔栄美 著
 白水社 本体2,400円+税
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月13日
4月20日
4月27日
5月11日
5月18日
5月25日
6月1日
6月8日
6月15日
6月22日
6月29日
7月6日
休み中のできごとを話してみましょう/復習
第8課① 理由や根拠をあらわす表現
第8課② 感嘆「~ですね」の表現
第8課③ 推測の表現
第9課① かしこまった尊敬表現
第9課② 不可能表現
第9課③ 「~するとき」の表現
旅行ガイドを読んでみよう
第10課① 自分の性格について
第10課② 「~しながら」の表現
第10課③ 自分の好きなことについて話してみましょう
今期のまとめ
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
山崎
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

朝鮮語中級Ⅰ(府中・夜間)

講座名 朝鮮語中級Ⅰ(府中・夜間) A1704044
会場名 府中キャンパス
曜日・時間 月曜日 19時20分~20時50分
開講日 2017年4月10日~7月3日 (休講日 5月1日)
講師 ソ・ミンジョン(TUFSオープンアカデミー講師)
重点を置く学習内容 文法・会話・発音・作文
受講対象者 韓国語を2年以上学習した方、あるいは韓国語能力の2級以上の実力のある方を対象とする。
講座説明 『もっとチャレンジ!韓国語』の11課から進みます。11課では、2016年度秋期間に学習した間接話法の復習のため、新聞の記事などを読み、間接話法で話す練習をします。毎回の授業で受講生1人に発表していただき、その内容について話し合い、会話力と表現力を高めます。教科書が終わったら、教科書の全体の復習とともに、聞き取りの練習もします。
テキスト 『もっとチャレンジ!韓国語』金順玉、阪堂千津子著
 白水社 本体2,300円+税 ※新たに購入される場合は、「改訂版」を購入しないでください。
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月10日
4月17日
4月24日
5月8日
5月15日
5月22日
5月29日
6月5日
6月12日
6月19日
6月26日
7月3日
間接話法の復習1
間接話法の復習2
間接話法の復習3
12課-感嘆-군요、推量・意志-(으)ㄹ 테니까
12課-許可-아/어도 되다、禁止-(으)면 안 되다
13課-強い重張(이)라니까、体験の感想-던데요
13課-文体の種類
14課-予断-는 줄 알았다、間接話法の過去平叙文
14課-한다体、意図-(으)려고
聞き取りの練習1
聞き取りの練習2
聞き取りの練習3












回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

朝鮮語中級Ⅶ(府中・夜間)

講座名 朝鮮語中級Ⅶ(府中・夜間) A1704045
会場名 府中キャンパス
曜日・時間 木曜日 19時20分~20時50分
開講日 2017年4月13日~7月20日  (休講日  5月4日、6月8日、6月29日)
講師 阪堂 千津子(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法・会話・リスニング・文化・作文・読解・その他(読んで話す、聞いて話す、などの練習を通して、韓国語をキャッチしたらすぐに反応できるようにします)
受講対象者 韓国語を学び始めてから1年半以上の方。ハングル能力検定試験3級にチャレンジしてみようかと思っている方。 前年度からの継続でない方でも大歓迎です。
講座説明 前年度に引き続き、『改訂版 できる韓国語 中級Ⅰ』を使用して、第8課から授業をスタートします。今学期はとくに、中級学習者にとってぜひともマスターしたい「過去に関する表現」を中心に学習します。欠席された方に対してはフォローもいたしますので気軽にご参加ください。授業の中では耳や口をふんだんに使っていただき、楽しい雰囲気の中での習得をめざします。
テキスト 『改訂版 できる韓国語 中級Ⅰ』李志暎、金貞姫著 新大久保語学院
 株式会社アスク出版(発行所:DEKIRU出版) 本体2,500円+税
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月13日
4月20日
4月27日
5月11日
5月18日
5月25日
6月1日
6月15日
6月22日
7月6日
7月13日
7月20日
第8課 流行(1)文法1-大過去
第8課 流行(2)文法2 予想しない結果
第9課 プレゼント(1)文法1不確定
第9課 プレゼント(2)文法2 ありえないこと
復習 (おみやげ・プレゼントについて話そう)
第10課 記事(1)文法1 感想。軽い反論
第10課 記事(2)文法2 やわらかい疑問文
復習 (ニュースを聞いて話そう)
第11課 擬声語(1)文法1 -느라고
第11課 擬声語(1)文法2  経験
復習 (物語を聞いて話そう)
まとめ (過去を表す文法)
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
阪堂
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

オープンアカデミー
に関するお問い合わせ
東京外国語大学 総務企画課
電話:042-330-5823
FAX:042-330-5140
Eメールでのお問い合わせ

Copyright© Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.