本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



 

アカデミー講座


夏期間 教養

お申込み受付は、優先受付 6月13日(月)午前10:00から

        一般受付 6月20日(月)午前10:00から開始します。
詳しくは、「お申込み」のページをご覧ください。


外交を知る―地域とその外交政策―(府中・昼間)

講座名 外交を知る―地域とその外交政策―
(府中・昼間)
D160848
会場名 府中キャンパス
研究講義棟 226教室
曜日・時間 木曜日 16時00分~17時30分
(9月23日のみ金曜日
 13時30分~15時00分)
開講日 2016年8月25日、9月1日、9月8日、9月15日、9月23日
講師 名井 良三 (元駐アンゴラ大使)
重点を置く学習内容 講義
受講対象者 外交に興味のある方。高校で学ぶ程度の政治・経済・国際情勢に関する知識を持っておられる方が望ましい。   
講座説明

外交の現場体験を踏まえ、外交官の等身大の姿を紹介すると共に、日本外交の理想と現実を解説する。各回のテーマは次の通り。


第1回:外交官制度
第2回:外務省における語学学習(留学体験を含む)
第3回:国際関係の面白さー日本で生き残れなかった大航海国ポルトガル
第4回:五輪都市リオーリオ勤務を振り返りつつ
第5回:最後の成長大陸アフリカの事情と日本の外交

 

「外交を知る―地域とその外交政策2―」講座と連携を持たせ、両講座を受講すれば外交についての 理解がより深まる内容とする予定。

テキスト なし
回数 全5回 受講料 7,730円
開講形式 単独講義 定員 50名

外交を知る―地域とその外交政策2― (府中・昼間)

講座名 外交を知る―地域とその外交政策2―
(府中・昼間)

D160849

会場名 府中キャンパス
研究講義棟 226教室
曜日・時間

金曜日 16時00分~17時30分

開講日

2016年8月26日、9月2日、9月9日、9月16日、9月23日

講師 岩谷 滋雄(元駐オーストリア大使)
重点を置く学習内容 講義
受講対象者 外交に興味のある方。高校で学ぶ程度の政治・経済・国際情勢に関する知識を持っておられる方が望ましい。 
講座説明

外交の現場体験を踏まえ、外交官の等身大の姿を紹介すると共に、幾つかのテーマに絞って日本外交の理想と現実を解説する。各回のテーマは次の通り。


第1回:外交官の昔と今
第2回:留学体験(英語学習の苦労とカルチャーショック)
第3回:日本外交の基本姿勢(近隣諸国との外交の位置付け)
第4回:安保法制について
第5回:近隣諸国(日中韓)との外交

 

「外交を知る―地域とその外交政策―」講座と連携を持たせ、両講座を受講すれば外交についての 理解がより深まる内容とする予定。

テキスト 教材配布
回数 全5回 受講料 7,730円
開講形式 単独講義 定員 50名

中央アジアの国ウズベキスタンを知ろう(府中・昼間)

講座名 中央アジアの国ウズベキスタンを知ろう
(府中・昼間)
D160850
会場名

府中キャンパス
研究講義棟 218教室
※8月9日のみ留学生日本語教育センター 217教室

曜日・時間 火曜日 16時00分~17時30分
開講日

2016年8月9日、8月16日、8月23日

講師 トフタミルザエヴァ・マシフラホン(本学特別研究員)
重点を置く学習内容  
受講対象者 ウズベキスタンの名前を聞いたことのない方から、中央アジアのことが好きな方まで、幅広くこの講座を受けることができます。
講座説明 日本ではあまり知られていない国、ウズベキスタン。実はウズベキスタンのことを話すと、昔の日本に似ていると良く言われます。例えば、お年寄りが一番尊敬される存在であり、バスの席で知り合ったばかりの二人のおじいさんが幼馴染であるかのように話し始める、または公共の場で席を譲られるのは、お年寄りや妊産婦だけではない、広々とした土地で大雑把に育って、お客好きで、社交的で、お喋り好き、子供好きなウズベク人の人々はムスリムだけど、他の国のムスリムとはちょっと違う。特徴を挙げると終わらないから、一度講座を聞きに来てみてください。ウズベキスタン出身の外語大博士課程修了者が分かりやすい日本語で面白く解説します。
テキスト 教材配布
回数

全3回

受講料 4,640円
開講形式 単独講義 定員 30名

入門「日本語を教える」 

講座名 入門「日本語を教える」

C160851

会場名 府中キャンパス
研究講義棟 223教室
※9月2日のみ110教室
曜日・時間 金曜日 18時30分~20時00分
開講日

2016年8月26日、9月2日、9月9日、9月16日、9月23日

講師 磐村 文乃(元北京大学等日本語講師)
重点を置く学習内容 講義
受講対象者 地域で日本語教育のボランティアにあたっている方、日本語を教えたい方、日本語で外国人と交流したい方
講座説明

地域で日本語を教えたい方を対象に、英語・中国語・韓国語との対照も交えながら、地域で日本語学習を必要としている外国人向けに、効果的に日本語の語彙・文法を教える方法を学ぶ日本語教育入門講座です。

 

第1回: 日本語教育の変遷と21世紀の日本語教育
第2回: 地域で求められる日本語教育・日本語教師
第3回: 外国語としての日本語の特徴
第4回: 「やさしい日本語」の指導法 
第5回: 異文化間コミュニケーションの日本語教室活動

テキスト 教材配布
回数 全5回 受講料 7,730円
開講形式 単独講義 定員 40名

英作文に役立つ日本語の基礎知識(府中・夜間)

講座名 英作文に役立つ日本語の基礎知識
(府中・夜間)

C160852

会場名 府中キャンパス
研究講義棟 218教室
曜日・時間 水曜日 18時30分~20時00分
開講日 2016年8月17日、8月24日、8月31日、9月7日、9月14日
講師 猪野 真理枝(TUFSオープンアカデミー講師)
重点を置く学習内容 講義
受講対象者 日本語を母国語とするTOEIC600点程度の英語力保持者。ただし、英語試験対策講座ではありません。
講座説明

私たちは普段無意識に母語である日本語を使っています。そのため、日本語に特徴的な形式を知らず知らずのうちに、英語にもあてはめて表現しようとします。そのため、日本人の書く英語は不自然なものになりがちです。 本講座では、対照言語学的なアプローチを用いて、例えば次のような日英の仕組みの違いを比較しながら、それらをどうすれば英作文につなげることができるのかを学びます。授業の中では、簡単な英作文の練習を行います。

 

・文に必要な成分とは何か。
・話し手の気持を表す、やりもらいはどう表現するか。
・相対時制と絶対時制とは何か。
・主語と主題とは何か。
・自然な日本語と自然な英語とは何か。

テキスト 教材配布
(参考書:『英作文なんかこわくないⅠ』『英作文なんかこわくないⅡ連体修飾編』 猪野真理枝、佐野洋著 馬場彰監修 東京外国語大学出版会 ※購入の必要なし)
回数

全5回

受講料

7,730円

開講形式

単独講義

定員 30名

Women's Health and Rights(府中・昼間)

講座名 Women's Health and Rights(府中・昼間)

D160853

会場名 府中キャンパス
研究講義棟 221教室
時間  10時00分~13時20分
(休憩20分含む)
開講日

2016年9月5日、9月6日、9月7日

講師 ジュリア・クネゼヴィッチ(本学世界言語社会教育センター 特任講師)
重点を置く学習内容 通訳・会話 ・発音 ・ リスニング
受講対象者 Bilingual or near-bilingual English language competency
講座説明

This course provides core knowledge and skills on interpreting setting in hospitals, maternal health centres, nursing homes, DV shelters, clinical social work centres, mental institutions and so forth that focuses on women’s health and well-being. It aims to expand students’ understanding of the interpreting setting that is specific to women. Broadly speaking, this setting interconnects with factors such as women’s empowerment and health, social status and gender equality.

テキスト 教材配布
回数 全3回 受講料 9,270円
開講形式 単独講義 定員 15名

Forensic Interpreting(府中・昼間)

講座名 Forensic Interpreting(府中・昼間)

D160854

会場名 府中キャンパス
研究講義棟 221教室
時間  10時00分~13時20分
 (休憩20分含む)
開講日

2016年9月12日、9月13日、9月14日

講師 ジュリア・クネゼヴィッチ(本学世界言語社会教育センター 特任講師)
重点を置く学習内容 通訳・会話 ・発音 ・ リスニング
受講対象者 Bilingual or near-bilingual English language competency
講座説明

This course provides core knowledge on the legal framework, and language skills on interpreting setting in courts, police stations and prisons in Australia and in Japan. Broadly speaking, this setting interconnects with areas such as human rights and equal access to governmental services for NESB speakers in Australia and non-Japanese in Japan.

テキスト 教材配布
回数 全3回 受講料 9,270円
開講形式 単独講義 定員 15名

オープンアカデミー
に関するお問い合わせ
東京外国語大学 総務企画課
電話:042-330-5823
FAX:042-330-5140
Eメールでのお問い合わせ

Copyright© Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.