本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



 

ロシア語

お申込み受付は3月2日(水)午前10:00から開始します。

詳しくは、「お申込み」のページをご覧ください。


ロシア語初級Ⅰ:ロシア語なんかこわくない(府中・夜間)

講座名 ロシア語初級Ⅰ:ロシア語なんかこわくない
(府中・夜間)
A160471
会場名 府中キャンパス
研究講義棟 207教室
曜日・時間 火曜日 19時20分~20時50分
開講日

2016年4月5日~6月28日 (休講日 5月3日)

講師 中澤 英彦(本学名誉教授)
光井 明日香(TUFSオープンアカデミー講師)
重点を置く学習内容 文法・会話・発音・リスニング・作文・文字
受講対象者 ロシア語が全く初めての方、一度投げてしまった方、学んでもいま一つ力がつかないと感じている方、ひそかに実力をつけて誰かを驚かせたいという方、皆さん、大歓迎です。
講座説明 実は、ロシア語は難しくありません。学び方によっては英語などより易しいのです。毎回、少しずつ会話力、読解力を養い、Q&Aコーナで疑問を解決します。楽しくなければ外国語学習ではありませんので、画像、音楽も楽しみます。受講する方のレベルに合わせた課題+独自のキタイゴーラド方式を用い、あせらず、くつろいだ雰囲気中で講座は進行します。基礎的会話を楽しめる力と今後しっかりした文章も読める読解力の基礎を養うのが目標です。旅行で使える会話力と辞書を片手にチェーホフの短編などを読むのも決して夢ではありません。さあ、一緒に、世界一広い国のなぞと魅力を発見しましょう。 
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

4月5日
4月12日
4月19日
4月26日
5月10日
5月17日
5月24日
5月31日
6月7日
6月14日
6月21日
6月28日

ロシア語とは、文字と発音(1)、断定文
文字と発音(2)、疑問文
文字と発音(3)、疑問文、会話・問題練習
文字と発音(4)、人称代名詞、存在、指示
文字と発音(5)、会話・問題練習
文字と発音(6)、名詞の性、動詞の過去形
指示形容詞、会話・問題練習
会話・問題練習、можно,нельзя
名詞の格と前置詞格
間接疑問文、会話・問題練習
動詞現在形
名詞の複数形、会話・練習問題
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
光井
光井
光井
光井
光井
光井
テキスト

『新版 一冊目のロシア語』 中澤英彦 東洋書店新社 本体2,000円+税

回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 リレー講義 定員 20名

ロシア語初級Ⅰ:ゼロから始めるロシア語(本郷・昼間)

講座名 ロシア語初級Ⅰ(本郷・昼間)

B160472

会場名 本郷サテライト 曜日・時間

月曜日 14時00分~15時30分

開講日 2016年4月11日~7月11日 (休講日 5月2日、6月6日)
講師 阿出川 修嘉(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法 ・ 会話 ・ 発音 ・ 作文 ・ 文字 ・ その他(文化の紹介)
受講対象者

原則としてロシア語に初めて触れるという全くの初学者の方を対象としています。あるいは、以前少しかじってみたけれど続かずにすぐにやめてしまった、というような方ももちろん歓迎します。

講座説明

ロシア語を初めて学ぶという方を対象に、ロシア語独特の文字の形、その発音についてまず学びます。単語の発音に慣れたところで、基本的なロシア語の仕組みを学んでいきます。会話表現などにも触れながら、単語の変化(名詞の複数形、動詞の過去形)や様々な構文など、それぞれの項目の学習の際の優先順位を意識しながらロシア語文法の基礎をじっくり学んでいきます。

 

日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月11日
4月18日
4月25日
5月9日
5月16日
5月23日
5月30日
6月13日
6月20日
6月27日
7月4日
7月11日
文字と発音(1):ロシア文字、硬音と軟音など
文字と発音(2):語のアクセントなど
「これはAです」
「AはBだ」
名詞の性、動詞の過去形
場所を示す言い方:前置詞格(前置格)
動詞の現在形(1)
名詞の複数形
所有の表現
形容詞の形と使い方(1)
所有形容詞
まとめ
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
テキスト 『新版 一冊目のロシア語』 中澤英彦 東洋書店新社 本体2,000円+税
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

ロシア語初級Ⅰ:ゼロから始めるロシア語(本郷・昼間)

講座名 ロシア語初級Ⅰ:ゼロから始めるロシア語
(本郷・昼間)
B160473
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 水曜日 16時30分~18時00分
開講日

2016年4月13日~7月13日 (休講日 5月4日、6月8日)

講師 阿出川 修嘉(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法 ・ 会話 ・ 発音 ・ 作文 ・ 文字 ・ その他(文化の紹介)
受講対象者

原則としてロシア語に初めて触れるという全くの初学者の方を対象としています。あるいは、以前少しかじってみたけれど続かずにすぐにやめてしまった、というような方ももちろん歓迎します。

講座説明

ロシア語を初めて学ぶという方を対象に、ロシア語独特の文字の形、その発音についてまず学びます。単語の発音に慣れたところで、基本的なロシア語の仕組みを学んでいきます。会話表現などにも触れながら、単語の変化(名詞の複数形、動詞の過去形)や様々な構文など、それぞれの項目の学習の際の優先順位を意識しながらロシア語文法の基礎をじっくり学んでいきます。

 

日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月13日
4月20日
4月27日
5月11日
5月18日
5月25日
6月1日
6月15日
6月22日
6月29日
7月6日
7月13日
文字と発音(1):ロシア文字、硬音と軟音など
文字と発音(2):語のアクセントなど
「これはAです」
「AはBだ」
名詞の性、動詞の過去形
場所を示す言い方:前置詞格(前置格)
動詞の現在形(1)
名詞の複数形
所有の表現
形容詞の形と使い方(1)
所有形容詞
まとめ
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
阿出川
テキスト 『新版 一冊目のロシア語』 中澤英彦 東洋書店新社 本体2,000円+税
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

ロシア語初中級Ⅰ(府中・夜間)

講座名 ロシア語初中級Ⅰ(府中・夜間)

A160474

 

会場名 府中キャンパス
研究講義棟 221教室
曜日・時間 月曜日 19時20分~20時50分
開講日 2016年4月11日~7月4日(休講日 5月2日)
講師 小川 暁道(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法・発音
受講対象者 学習経験1年程度、本講座での使用教材11課までに相当する文法事項(名詞・代名詞・形容詞の格変化(単数のみ)、動詞の過去・現在・未来形、命令形など)を既習の方(実力は問いません)、基本事項を学び直したい方を対象とします。
講座説明 前年度の初級Ⅱ講座を履修された方や同程度のレベルの方のための講座です。教科書(第12課から)を中心に、音楽、映像なども交えて和やかな雰囲気で楽しく学習します。既習事項も復習しながら進めますので、勉強を始めたものの途中でつまずいた方、今ではすっかり忘れてしまったという方もご安心ください。学び直したい方も大歓迎です。皆様のご参加をお待ちしています。
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月11日
4月18日
4月25日
5月9日
5月16日
5月23日
5月30日
6月6日
6月13日
6月20日
6月27日
7月4日
12課 移動動詞の変化形
12課 移動動詞の用法
12課 移動動詞 復習、練習問題
13課 具格の形と用法
13課 形容詞短語尾形の形と用法
13課 復習、練習問題
14課 属格の形と用法、勧誘表現
14課 「~しなければならない」、復習、練習問題
15課 個数詞と順序数詞
15課 名詞の複数属格の形と用法
15課 時刻・時間の表現、年月日
15課 復習、練習問題
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
テキスト 『新版 一冊目のロシア語』 中澤英彦 東洋書店新社 本体2,000円+税
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

ロシア語初中級Ⅰ(本郷・夜間)

講座名 ロシア語初中級Ⅰ (本郷・夜間) A160475
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 火曜日 19時00分~20時30分
開講日

2016年4月12日~7月5日 (休講日 5月3日)

講師 小川 暁道(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法・発音
受講対象者 学習経験1年程度、本講座での使用教材11課までに相当する文法事項(名詞・代名詞・形容詞の格変化(単数のみ)、動詞の過去・現在・未来形、命令形など)を既習の方(実力は問いません)、基本事項を学び直したい方を対象とします。
講座説明 前年度の初級Ⅱ講座を履修された方や同程度のレベルの方のための講座です。教科書(第12課から)を中心に、音楽、映像なども交えて和やかな雰囲気で楽しく学習します。既習事項も復習しながら進めますので、勉強を始めたものの途中でつまずいた方、今ではすっかり忘れてしまったという方もご安心ください。学び直したい方も大歓迎です。皆様のご参加をお待ちしています。;
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月12日
4月19日
4月26日
5月10日
5月17日
5月24日
5月31日
6月7日
6月14日
6月21日
6月28日
7月5日
12課 移動動詞の変化形
12課 移動動詞の用法
12課 移動動詞 復習、練習問題
13課 具格の形と用法
13課 形容詞短語尾形の形と用法
13課 復習、練習問題
14課 属格の形と用法、勧誘表現
14課 「~しなければならない」、復習、練習問題
15課 個数詞と順序数詞
15課 名詞の複数属格の形と用法
15課 時刻・時間の表現、年月日
15課 復習、練習問題
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
テキスト 『新版 一冊目のロシア語』 中澤英彦 東洋書店新社 本体2,000円+税
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

講読のための速修ロシア語初中級Ⅰ(本郷・昼間)

講座名 講読のための速修ロシア語初中級Ⅰ
(本郷・昼間)
B160476
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 木曜日 16時30分~18時00分
開講日 2016年4月14日~7月7日(休講日 5月5日)
講師 渡辺 雅司(本学名誉教授)
重点を置く学習内容 文法 ・ 講読 ・ 読解
受講対象者 ロシア語初等文法を終えた者ないし、1年以上のロシア語学習歴のある者
講座説明 明治7年に来日し、東京外国語学校のお雇い外国人になったレフ・メーチニコフの日本論を読みます。ただし、最初の数回は初等文法の補足説明をし、そのうえで、講義形式でテキストを読解していきます。最初は難しいと思いますが、構文のとらえ方や造語法による単語のおぼえ方を実践的に丁寧に説明するので、いつの間にか読解力のついている自分を発見できるはずです。西郷隆盛の招きで来日した彼は優れた東洋学者であり、その日本論は卓抜なものなので、関心を持って読めるでしょう。
テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

ロシア語中級Ⅰ:声に出して読みたいロシア語―詩・散文・歌(府中・夜間)

講座名 ロシア語中級Ⅰ:声に出して読みたいロシア語―詩・散文・歌(府中・夜間) A160477
会場名 府中キャンパス
   研究講義棟 207教室
曜日・時間 金曜日 19時20分~20時50分
開講日

2016年4月1日~7月1日 (休講日 4月29日、5月6日)

講師 中澤 英彦(本学名誉教授)
重点を置く学習内容 文法・会話・発音・リスニング・講読
受講対象者 初級文法を一通り終えた方(現在の実力は問いません)、多少自信がないがまともな作品を読んでみたいという方、美しいといわれるロシア語の音に触れ、初級から次の段階に進みたいという方、できればご自分でも声に出して読んでみたいという方、もちろん、ロシア語がほとんどわからないがロシア語の音を聞いて将来の学習に役立てたいという方も、皆さん全員大歓迎です。
講座説明 よくロシア語は美しいといわれます。しかしふつうそれを実感できる場がほとんどなく、変化形の練習に明け暮れるというのが現実です。また、初級を終えた方がもう一歩先に進む場もまずありません。そのような場を提供するのが本講座です。講座では約25分間、詩、歌謡、名作を音で楽しみ、約60分間、皆様の選んだ作品を初級文法の欠落を補いながら精読し、それを利用して会話練習を積極的に行います。講座は皆様の手作りの講座です。予定(ご希望により変更可)している作品例―チュッチェフ、プーシキン、エセーニン、パステルナーク、チェーホフなどです。楽しくなければ外国語学習ではない、です。さあ、皆様、ご一緒に、ロシア語の魅力を堪能しましょう。
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月1日
4月8日
4月15日
4月22日
5月13日
5月20日
5月27日
6月3日
6月10日
6月17日
6月24日
7月1日
イーゴリ軍記、エセーニン(1)、作品精読
エセーニン(2)、作品精読
チェーホフ(1)、作品精読
チェーホフ(2)、作品精読
プーシキン(1)、作品精読
パステルナーク、作品精読
トルストイ、作品精読
トルストイ、作品精読
ドストエフスキー、作品精読
プーシキン(2)、作品精読
民話、作品精読
民話、作品精読
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
中澤
テキスト 『新版 一冊目のロシア語』 中澤英彦 東洋書店新社 本体2,000円+税
 ※参考教材のため購入の必要なし
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

ロシア語中級Ⅰ(本郷・昼間)

講座名 ロシア語中級Ⅰ(本郷・昼間) B160478
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 木曜日 14時00分~15時30分
開講日 2016年4月14日~7月7日 (休講日 5月5日)
講師 渡辺 雅司(本学名誉教授)
重点を置く学習内容 文法・講読・翻訳・読解
受講対象者 2年以上のロシア語学習歴のある者で、辞書を使えば簡単な文章が読める者
講座説明 現代作家のヴァレンティン・ラスプーチンの初期の短編小説「ルドリフィオ」を読みます。16歳の少女と20代後半の青年との淡い恋の物語です。舞台はイルクーツク。二人の会話のやり取りと繊細な状況描写に思わず引き込まれていくはずです。授業は講義形式で行いますが、毎回必ず辞書を持参してください。まだ邦訳のない作品なので、自分が初の翻訳者になったつもりで作品に挑戦していきましょう。
テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

ロシア語中級Ⅰ:ロシア語文法トレーニング(本郷・昼間)

講座名 ロシア語中級Ⅰ:ロシア語文法トレーニング
(本郷・昼間)
B160479
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 月曜日 16時30分~18時00分
開講日 2016年4月11日~7月11日 (休講日 5月2日、6月6日)
講師 阿出川 修嘉(本学非常勤講師)
トルヒナ・アンナ(TUFSオープンアカデミー講師)
重点を置く学習内容 文法 ・ 会話 ・ 発音 ・ リスニング ・ 作文
受講対象者 本オープンアカデミーで過去にロシア語初級(I, II)と初中級(I, II)の講座を受講されていた方を対象とした講座です。また、それと同等レベルの学習歴(1〜2年程度)をお持ちの学習者も対象となります。ロシア語文法を一通り学んだけれど、なかなか身に付かないという方を対象としています。
講座説明 この講座では、不足しがちな反復演習を通じて、既習の文法項目を身に付けていきます。内容的には高度なものは目指さず、既に学んだ基本的な文法項目の復習と整理を行いつつ、反復練習を徹底的に行います。基本的なロシア語文の意味を理解し、自分で文を作ることができるようになるための基礎体力を付けることを目指します。原則として毎回課題を出しますので、辞書などを用いての予習は必須となります。
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月11日
4月18日
4月25日
5月9日
5月16日
5月23日
5月30日
6月13日
6月20日
6月27日
7月4日
7月11日
文字と発音の総復習(1):単語のアクセント
文字と発音の総復習(2):イントネーションの基本
前置格(前置詞格)の形
前置格(前置詞格)の意味・用法(1)
前置格(前置詞格)の意味・用法(2)
与格の形
与格の意味・用法(1)
与格の意味・用法(2)
対格の形
対格の意味・用法(1)
対格の意味・用法(2)
まとめ

テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式

2人の講師によるペア講義

定員 20名

ロシア語発音トレーニングⅠ(本郷・昼間) 

講座名 ロシア語発音トレーニングⅠ
(本郷・昼間)
B160480
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 木曜日 16時30分~18時00分
開講日

2016年5月12日~7月28日 (休講日 なし)

講師 小川 暁道(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 発音
受講対象者 学習歴1年~3年程度、ロシア語の初級文法を大体終えている方(実力は問いません)、発音の基礎を学びなおしたい方、発音をさらに鍛えたい方を対象とします。
講座説明 本講座では、ロシア語の文字と発音・イントネーションなど音声面について重点的に学習します。独特な形の文字と、それぞれの文字が表わす発音について学び、続けて子音の有声化・無声化などの規則の習得を目指します。日本語・英語の発音との比較も随時行いながら説明を行なった上で、徹底的に反復して練習します。有名な詩、歌、文学作品、会話素材などを通してロシア語の美しい響きに耳を慣らし、ネイティヴスピーカーの発音に近づくとことを目指します。
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
5月12日
5月19日
5月26日
6月2日
6月9日
6月16日
6月23日
6月30日
7月7日
7月14日
7月21日
7月28日
発音の基本 母音と子音①
発音の基本 母音と子音②
子音の同化 無声化・有声化
硬音と軟音
イントネーション 肯定文
イントネーション 疑問詞のある疑問文
イントネーション 疑問詞のない疑問文
イントネーション 聞き返し、返事を促す疑問文
イントネーション 感嘆文
会話テキスト演習 歌詞朗読演習①
会話テキスト演習 歌詞朗読演習②
会話テキスト演習 歌詞朗読演習③
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
小川
テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

ロシア語会話Ⅰ―基本からステップアップ(本郷・昼間)

講座名 ロシア語会話Ⅰ―基本からステップアップ
(本郷・昼間)
B160481
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 木曜日 14時00分~15時30分
開講日

2016年5月12日~7月28日 (休講日 なし)

講師 小川 暁道(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 会話
受講対象者 学習歴1年(文字が読め、初歩的な文法知識を知っている程度)~2年程度の方。文法の知識が完全でなくとも、あるいは文法学習と並行しながらでも構いません。ロシア語コミュニケーション能力の向上を図りたい方が対象です。
講座説明 文法や単語を少し覚えてきた、でもいざとなると言いたい表現がなかなか出てこない、そんなあなたのための講座です。基本的なテーマから始め、いろいろなシチュエーションでの表現を扱っていきます。聞く能力、話す能力を高め、自分の言いたいことを自分の言葉で表現できることを目標とします。繰り返し使って身につけた表現は、あなたのロシア語力、そして自信へとつながります。さあ、一緒に学びましょう! 
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
5月12日
5月19日
5月26日
6月2日
6月9日
6月16日
6月23日
6月30日
7月7日
7月14日
7月21日
7月28日
「~があります」「~がありません」①
「~があります」「~がありません」②
「~から来ました」①
「~から来ました」②
「~へ行きます」①
「~へ行きます」②
「~時に」①
「~時に」②
「~をするつもりです」①
「~をするつもりです」②
「手紙を出す、電話をかける、プレゼントする」①
「手紙を出す、電話をかける、プレゼントする」②
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
小川・マリャレンコ
テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 2人の講師によるペア講義 定員 20名

自由ロシア語会話Ⅰ(本郷・昼間)

講座名 自由ロシア語会話Ⅰ(本郷・昼間)

B160482

会場名 本郷サテライト 曜日・時間 火曜日 16時30分~18時00分
開講日

2016年4月12日~7月12日 (休講日 4月26日、5月3日)

講師 エレオノーラ・サブリナ(東京音楽大学講師)
重点を置く学習内容 会話 ・ 発音 ・ リスニング ・ 作文
受講対象者 2年以上のロシア語学習歴があり、会話・作文に興味がある者
講座説明 ロシア語は読めても、話すのはとても無理と思っているあなた、文法にとらわれすぎていませんか?このクラスでは優れた日本研究者としても知られる講師がさまざまな状況設定をして、基本表現と応用表現を学ぶと同時に、ロシア語の作文能力も身につくような工夫をしていきます。とにかく楽しくロシア語を話すがモットーですので、意欲ある受講生を待っています。プーシキンの詩の暗唱をしたり、食文化についても面白い話が聞けたりしますよ。
テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

原典で読むロシア思想史Ⅰ(本郷・昼間)

講座名 原典で読むロシア思想史Ⅰ(本郷・昼間) B160483
会場名 本郷サテライト 曜日・時間 水曜日 16時30分~18時00分
開講日

2016年4月13日~7月6日 (休講日 5月4日)

講師 渡辺 雅司(本学名誉教授)
重点を置く学習内容 文法 ・講読 ・ 翻訳 ・ 読解
受講対象者 ロシア語学習歴3年以上でロシア語の翻訳に興味がある人
講座説明 このクラスでは19世紀前半の思想家ヴラジーミル・オドエフスキーのユニークな哲学小説「ロシアの夜」を読み進めてきましたが、今期はこの小説の補遺の部分を読み進めていきます。プーシキンと同時代人であるオドエフスキーのこの小説には、ロシア思想の生成過程が詩的散文で記述されており、文明とは、科学とは、という問題が絶えず提起されており、今日読んでも十分深い洞察が含まれています。受講生の熱気溢れる教室でロシア思想史を追体験しようではありませんか。意欲ある受講生の参加を歓迎します。
テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

オープンアカデミー
に関するお問い合わせ
東京外国語大学 総務企画課
電話:042-330-5823
FAX:042-330-5140
Eメールでのお問い合わせ

Copyright© Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.