本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



 

アラビア語

お申込み受付は3月2日(水)午前10:00から開始します。
詳しくは、「お申込み」のページをご覧ください。


アラビア語エジプトの話し言葉(レベルフリー)(府中・夜間)

講座名 アラビア語エジプトの話し言葉
(レベルフリー)(府中・夜間)
A160401
会場名 府中キャンパス
研究講義棟 305教室
曜日・時間 木曜日 19時20分~20時50分
開講日

2016年4月14日~7月7日 (休講日 5月5日)

講師 長渡 陽一(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法 ・ 会話 ・ リスニング ・ 文字 ・ 読み ・ 文化
受講対象者 まったく初めての方から、わりと知っている方まで、あらゆるレベルのみなさんが学べる講座です。文章体(フスハ)を勉強した方も、この機会にぜひ話し言葉もやってみましょう。旅行での経験や、文化的な知識、語学の理解や文章体の知識など、いろいろなことを教え合うことで、より広く、深く学習が進むのです。
講座説明  アラビア語は、話し言葉と文章体が異なります。この講座ではエジプトの話し言葉を中心に勉強します。話し言葉を覚えれば、旅行会話や友だちとの会話もできますし、エジプトの話し言葉は、アラブの他の国々でも多くの人に理解されます。
 この講座では、実際のものを使って学びます。実際のものを使うことで実践力がつくのです。映画『テロリズムとケバブ』や子ども向けアニメなどから、よく使われる単語や表現を選び、そこのシーンを見て、聞いて、練習して覚えます。練習は、決まった文型の単語を入れ替えて対話することから始め、中級の方はいくつかの文型を合わせて会話を練習できます。また、歌謡曲も見て、聞いて、楽しみましょう。リズムに乗せて単語や表現を覚えることができます。
 アラビア語がまったく初めての方は、この講座でまずは映像で耳から覚えましょう。あいさつ言葉や短いフレーズから覚え溜めていくのがお勧めです。文字は少しずつできるようになります。
 また、「読む」実践も入れていきます。読むことはアラビア語全体の理解を深めるのです。看板、パッケージ、広告、子ども向けの短い漫画に挑戦します。
テキスト 教材配布 文法事項の確認などには『ニューエクスプレス エジプトアラビア語』(長渡陽一 白水社 本体3,200円+税)を使います。※購入をご希望の方には、初回授業にて割引販売できます。
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

アラビア語シリアの話し言葉(レベルフリー)(府中・夜間)

講座名

アラビア語シリアの話し言葉
(レベルフリー)(府中・夜間)

A160402
会場名 府中キャンパス
研究講義棟 305教室
曜日・時間 火曜日 19時20分~20時50分
開講日

2016年4月12日~7月5日 (5月3日)

講師 長渡 陽一(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容 文法 ・ 会話 ・ リスニング ・ 文字 ・ 読み ・ 文化
受講対象者 まったく初めての方から、わりと知っている方まで、あらゆるレベルのみなさんが学べる講座です。文章体(フスハ)を勉強した方も、この機会にぜひ話し言葉もやってみましょう。旅行での経験や、文化的な知識、語学の理解や文章語体の知識など、いろいろなことを教え合うことで、より広く、深く学習が進むのです。
講座説明

アラビア語は、話し言葉と文章語が異なります。この講座では広い意味でのシリア、ヨルダン、パレスチナ、レバノンの話し言葉を中心に勉強します。話し言葉を覚えれば、旅行会話や友だちとの会話もできます。
 この講座では、実際のものを使って学びます。実際のものを使うことで実践力がつくのです。映画から、よく使われる単語や表現を選び、見て、聞いて、練習して覚えます。映画は「キャラメル」、「ガリレアの婚礼」、「3つの宝の物語」を扱う予定です。練習方法は、決まった文型の単語を入れ替えて対話することから始め、中級の方はいくつかの文型を合わせて会話を練習したり、シーンの全体を長く聞き取ったりしてみます。また歌謡曲も見て、聞いて歌詞を理解しましょう。歌は言葉を暗記するのに最適です。
 アラビア語がまったく初めての方は、まずは映像で耳から覚えましょう。あいさつ言葉や短いフレーズから覚え溜めていくのがお勧めです。文字は少しずつできるようになります。
 また、「読む」実践も入れていきます。読むことはアラビア語全体の理解を深めるのです。看板、パッケージ、広告、話し言葉で書かれたジョークなどに挑戦します。

テキスト 教材配布
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

オープンアカデミー
に関するお問い合わせ
東京外国語大学 総務企画課
電話:042-330-5823
FAX:042-330-5140
Eメールでのお問い合わせ

Copyright© Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.