本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



 

現代ウイグル語

お申込み受付は、優先受付 8月24日(水)午前10:00から

        一般受付 9月1日(木)午前10:00から開始します。
詳しくは、「お申込み」のページをご覧ください。


現代ウイグル語初級Ⅱ(本郷・昼間)

講座名 現代ウイグル語初級Ⅱ
(本郷・昼間)
B161009
会場名 本郷サテライト
時間 火曜日 14時00分~15時30分
開講日 2016年10月4日~2017年1月31日
 (休講日 10月11日、10月18日、12月27日、1月3日、1月10日、1月24日)
講師 菅原 純(本学非常勤講師)
重点を置く学習内容

文法・会話・発音・リスニング・作文・文字・読解

受講対象者 日本語で通常の読み書きのできる方ならばどなたでも受講できます。春学期の受講を特に条件とはしていませんので、今期からの受講も歓迎します。
講座説明

現代ウイグル語はいわゆる「シルクロード」の住民であるウイグル人のことばで、現在は中国領の新疆ウイグル自治区を中心とする中央アジア地域で使用されています。中国55の少数民族のことばのひとつであると同時に、西はトルコから東は中国、シベリアにいたる広大な「トルコ諸語」世界のことばのひとつでもあります。本講座では現代ウイグル語の入門講座のいちばん最初のステップとして、あいさつYaxshimusiz!(ヤフシムスィズ!こんにちは)から、文字の書き方、読み方、基礎文法と会話を、音声教材を使用しながら学んでいきます。

日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
10月4日
10月25日
11月1日
11月8日
11月15日
11月22日
11月29日
12月6日
12月13日
12月20日
1月17日
1月31日
春学期の復習
予定・意志の表現
命令形と小詞の用法
「ある、ない」と時間の表現
条件と仮定
道案内の表現
買い物の表現と形容詞
副詞
感嘆表現
病院での会話:身体の状態の表現
家庭の客となる:自己紹介
補助動詞の用法:応用編
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
菅原
テキスト 教材配布(独自教材)
回数 全12回 受講料 18,540円
開講形式 単独講義 定員 20名

オープンアカデミー
に関するお問い合わせ
東京外国語大学 総務企画課
電話:042-330-5823
FAX:042-330-5140
Eメールでのお問い合わせ

Copyright© Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.