予算について

■ 問合せ先 : 附属図書館 ILL担当(サービス係) (Email : tufs.lib-ill@tufs.ac.jp / TEL : 042-330-5196)


公費払いを希望する方は「公費」を選択し、費目欄に以下の記入例に従って入力してください。

★記入例

身分 予算 記入の仕方
学生など、公費を持たない方 私費 私費
正規の大学院生 *1:貸借のみ 大学院生 専用公費 院生支援
常勤教員 *2 個人研究費 個人研究費
科研費 *3 研究種目/課題番号
その他校費 *4 個別にご相談ください

*1 大学院生は公費を選択し、費目欄に「院生支援」と記載すると支援対象期間、往路分のみの負担で相互貸借サービスが受けられます。
*2 個人研究費等をご利用の場合は、「公費」を選択してください。
*3 研究題目および課題番号は正確に記入してください。
*4 個人研究費、科研費以外の公費利用についてはILL担当者(tufs.lib-ill@tufs.ac.jp)までご相談ください。

★公費の支払い時期

依頼先 常勤教員の場合 院生支援の場合
全国の大学など、学術機関 *1 ○ 年度区切りで四半期ごと 往路分(私費)の支払い時 *2
国立国会図書館(NDL) △ 支払い請求書が届き次第 公費×(私費のみ)
韓国(KERIS) ○ 年度区切りで四半期ごと 公費×(私費のみ)
北米など(OCLC) △ 支払い請求書が届き次第 公費×(私費のみ)
イギリス(BL) △ 支払い請求書が届き次第 公費×(私費のみ)

*1 機関によっては公費利用ができない場合があります(その場合は依頼前にご連絡します)。
*2 往路分は申込者の負担(私費)となります。大学院生の公費払いは相互貸借の復路料金のみです。