English

大学HOME

学外からデータベースを利用する ~学術認証フェデレーション「学認(GakuNin)」~

 2015年3月から附属図書館は学術認証フェデレーション「学認(GakuNin)」を利用したリモートアクセスサービスを開始しました。
 学習・研究のために当館で契約している【オンラインジャーナル・データベース】(以下、DB)を、インターネットを介した簡便な操作で学外から利用できます。

 学認は、学術e-リソースを利用する大学と学術e-リソースを提供する機関・出版社等から構成された連合体のことです。各大学・機関・出版社等が相互に認証連携を行うことで、シームレスに学外からDBへアクセスすることができます。

 ※学認について、詳しくは以下のページをご覧ください。
 <https://www.gakunin.jp/fed/>

利用方法


 ! 学認を利用して学外からDBにアクセスするためには申請が必要です。

 申請方法は以下の通りです。申請から利用開始まで5日から10日程かかります。

 なお、本サービスの対象は

  • 学部正規生
  • 大学院正規生
  • 留学生日本語教育センター学生
  • 常勤教員
  • 常勤研究員
  • 常勤職員
です。

利用できるサービスおよび接続方法

ICCアカウントとパスワード(青パス)を入力するだけで、外部から以下のDBを利用することができます。

サービス名 アクセス マニュアル
● Cambridge Core (Journals・Books)
● Ebook Central (eBook)
● Gale eBooks (eBook)
● House of Commons Parliamentary Papers : HCPP
   (英国下院議会文書データベース)
● JapanKnowledge Lib (辞書・辞典類)
● LLBA (言語学系論文データベース)
● Maruzen eBook Library (和書のeBook)
● MLA (言語学系論文データベース)
● Net Library : EBSCOhost (eBook)
● NII-REO (電子ジャーナルリポジトリ)
● ProQuest (人文社会学系電子ジャーナル)
● Science Direct (自然/社会科学系電子ジャーナル)(eBook)
● SpringerLink (人文社会科学系電子ジャーナル)
● Wiley Online Library (eBook)

◎ その他のオンラインジャーナル・データベースを学外から資料したい場合はVPNサービスをご利用ください。