English

大学HOME

沿革略史


 
明治 30(1897)年 4月   高等商業学校に附属外国語学校附設
32(1899)年 4月 東京外国語学校と改称、独立(神田錦町)
36(1903)年 1月 図書閲覧所設置
5月 「東京外国語学校図書館規則」制定、図書館主事および図書掛2名配置
大正 2(1913)年 2月 神田大火により全焼、蔵書約3,600冊(全蔵書の50パーセント強)を焼失
9月 閲覧室、書庫再建
6(1917)年 分類体系(旧分類)整備
8(1919)年 4月 規則改定、図書課長および課員4名配置
10(1921)年 4月 麹町区元衛町に移転、図書閲覧室ならび書庫新築(延べ面積790平米)
12(1923)年 9月 関東大震災により全焼、蔵書約1,600冊(全蔵書の8パーセント)を焼失。ただし、書庫は類焼を免れる。
13(1924)年 3月 麹町区竹平町に移転、閲覧室および書庫再建(延べ面積574平米)
昭和 4(1929)年 10月 校長長屋順耳「外国語研究図書展覧会」を開催。(このときの収集資料570点が現在の特別コレクションの核となる)
19(1944)年 4月 東京外事専門学校と改称
5月 書庫を除き、滝野川区西ヶ原町へ移転
20(1945)年 4月 戦災により校舎全焼、蔵書約4,000冊(全蔵書の6パーセント強)を焼失。ただし書庫(竹平町)は類焼を免れる。
5月 下谷区上野公園東京美術学校、板橋区上石神井智山中学校校舎等を借用
24(1949)年 5月 東京外国語大学設置(東京外事専門学校を包括)
6月 附属図書館設置。館長、事務長、司書係長および係員10名配置。
26(1951)年 北区西ヶ原町へ移転。校舎の一室に事務室のみ設置。
4月 豊島区西巣鴨大正大学校舎の一部を書庫として借用(2年間)
27(1952)年 3月 校舎増築にともない、一角に閲覧室事務室を設置。以降、閲覧室、書庫、館長室等を順次拡充(昭和30年まで)
29(1954)年 8月 戦前から使用していた竹平町の書庫より、蔵書を移転。全蔵書数75,000冊となる。
30(1955)年 12月 「東京外国語大学附属図書館規程」制定
32(1957)年 4月 庶務係を新設、2係制になる
32(1957)年 蔵書数100,000冊突破
37(1962)年 4月 分類体系を改訂(新分類)
40(1965)年 書庫増設
46(1971)年 4月 司書係を整理係と閲覧係に分け、3係制になる
50(1975)年 蔵書数200,000冊突破
54(1979)年 3月 新図書館棟竣工(7階建、延べ面積3,888平米)。電動式書架、ブック・ディテクション・システム設置。
6月 新図書館開館。開館時間を平日18:00、土曜日15:00まで延長。
58(1983)年 4月 受入係を新設、4係制になる
59(1984)年 蔵書数300,000冊突破
60(1985)年 4月 専門員設置
Return to top of page
平成 2(1990)年 2月 業務用システム(日本ユニシスU6500)を導入。目録業務、文献複写業務の電算処理を開始。OPAC(蔵書検索システム)の構築を開始。
3(1991)年 9月 開館時間を平日20:00、土曜日16:30まで延長。
4(1992)年 蔵書数400,000冊突破
4月 「東京外国語大学附属図書館規程」を改正。「東京外国語大学附属図書館利用規程」制定
6(1994)年 3月 業務用システムを更新(日立LOOKS/U)。閲覧業務、受入業務等を順次稼働。
8(1996)年 7月 将来計画検討委員会に図書館分科会を設置
9(1997)年 12月 キャンパス移転後の新図書館のための「図書館基本構想」(図書館分科会)まとまる。
10(1998)年 3月 業務用システムを更新(日立LOOKS21/U)。これにともなって学内LANおよびインターネットに接続。
6月 附属図書館ホームページおよびOPACをインターネット上に公開
11(1999)年 蔵書数500,000冊突破
3月 新附属図書館棟着工(府中新キャンパス)
12(2000)年 4月 学内組織改編にともない、事務組織を変更
10月 新附属図書館開館
11月 新館開館記念講演会開催 亀井俊介氏:日本におけるアメリカ学事始め  松村多美子氏:インターネット時代の図書館像
12月 開館時間を平日9:00-21:45、土曜日9:30-16:45に変更(試行運用)
13(2001)年 3月 東京外国語大学図書館報「Castalia」創刊号刊行
4月 開館時間を平日9:00-21:45、土曜日9:30-16:45に変更(正式運用)
4月 国立大学図書館協議会東京地区協議会総会を本学にて開催
6月 外国語学部総合科目「情報リテラシー」第8,9回(情報検索法:図書館担当分)講義を担当
9月 中央大学図書館との相互利用協定締結
東京外国語大学図書館報「Castalia」第2号をインターネット版として刊行(以降、毎年3,9月刊行予定)/TD>
11月 第2回講演会開催 上野千鶴子氏:ジェンダー論の現在
12月 東京都立大学付属図書館との相互利用協定締結
14(2002)年 2月 アジア・アフリカ言語文化研究所移転に伴い、同研究所所蔵資料のうち、一般図書を図書館書庫へ配置(その他の資料はアジア・アフリカ言語文化研究所資料閲覧室へ配置)
3月 業務用システムを更新(NTTデータ九州NALIS)。これにともなって図書館システムが多言語(UCS文字コード)に対応。
東京外国語大学図書館報「Castalia」第3号刊行
4月 「東京外国語大学附属図書館利用規程」を改正
事務組織の変更。
アジア・アフリカ言語文化研究所所蔵資料の利用再開(附属図書館書庫およびアジア・アフリカ言語文化研究所資料閲覧室)  ※アジア・アフリカ言語文化研究所資料閲覧室は、平成14年12月より「文献資料室」に改称
6月 外国語学部総合科目「情報リテラシー」第4回情報検索を担当 講義(6コマ):附属図書館の使い方と蔵書検索の基礎  演習(12コマ):情報検索演習-WWWブラウザとOPAC 
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第4号をインターネット版として刊行
10月 第3回講演会開催 島田雅彦氏:群島論-民族移動 太古から現代まで-
Return to top of page
15(2003)年 1月 附属図書館間相互利用に関する申し合わせ締結(東京外国語大学附属図書館、東京学芸大学附属図書館、東京農工大学附属図書館、電気通信大学附属図書館)
3月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第5号刊行
6-7月 外国語学部総合科目「情報リテラシー」第5回情報検索を担当 講義6コマ 演習12コマ
9月 四大学連合における図書館相互利用に関する申合せ調印
多摩地区5大学附属図書館間の相互利用に関する申合せ調印
東京外国語大学図書館報「Castalia」第6号をインターネット版として刊行
11月 第4回講演会開催 西江雅之氏:地球を歩く、本と出会う
16(2004)年 3月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第7号刊行
4月 国立情報学研究所ILL文献複写料金等相殺サービスに参加
6-7月 総合科目「情報リテラシー」第5回情報検索を担当 講義・演習計18コマ e-learningシステムを導入
9月 国際基督教大学図書館との相互協力に関する協定調印
東京外国語大学図書館報「Castalia」第8号をインターネット版として刊行
10月 第5回講演会開催 樺山紘一氏:知と技のつどうところ-図書館と博物館と博覧会-
17(2005)年 3月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第9号刊行
4月 EUIJ図書館相互利用に関する協定書調印
6月 総合科目「情報リテラシー」第5回情報検索を担当 講義・演習計18コマ 新e-learningシステムによる授業
7月 事務組織改編(附属図書館事務部⇒事務局情報図書館課)
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第10号をインターネット版として刊行
10月 第6回講演会開催 奥泉光氏:読むことの創造性
18(2006)年 3月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第11号刊行
6月 総合科目「情報リテラシー」第5回情報検索を担当 演習計12コマ e-learningシステムによる授業
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第12号をインターネット版として刊行
10月 第7回講演会開催 加賀乙彦氏:現代と私の文学
Return to top of page
19(2007)年 3月 業務用システムを更新(NTTデータクリエイションNALIS)
これにともなって日本語雑誌および大学紀要データの登録・新OPACでの検索開始
東京外国語大学図書館報「Castalia」第13号刊行
5月 総合科目「情報リテラシー」第7クール「情報検索演習」を担当 計15コマ ICC Studyシステムによる授業
6月 「東京外国語大学学術成果コレクション」及び「VernaC」(多言語横断検索・入力支援システム公開開始
8月 附属図書館ホームページ英語版公開
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第14号をインターネット版として刊行
10月 第8回講演会開催 辻原登氏:歴史と冒険、史実とフィクション、そのシンクロニシティ
20(2008)年 3月 「東京外国語大学学術成果コレクション」正式公開
東京外国語大学図書館報「Castalia」第15号刊行
4月 日曜開館開始
5月 大学院生へのILL利用促進支援事業開始
府中市立図書館との相互貸借開始
6月 総合科目「情報リテラシー」第7クール「情報検索演習」を担当 計16コマ ICC Studyシステムによる授業
12月 第9回講演会開催 伊井春樹氏:源氏物語、若紫かいま見場面の変容
21(2009)年 3月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第16号刊行
4月 事務組織改編(情報図書館課⇒学術情報課)
  ICU(国際基督教大学)図書館との相互貸出開始
5月 返却日事前通知サービスを開始
6月 総合科目「情報リテラシー」第3クール「図書館利用案内」および第9クール「情報検索演習」を担当
計16コマ ICC Studyシステムによる授業
10月 附属図書館講演会<読書への誘い>第1回 沓掛良彦氏:語学と文学の間:私の読書遍歴
12月 第10回講演会開催 堀江敏幸氏:散文について-読むことと書くこと
22(2010)年 2月 附属図書館講演会<読書への誘い>第2回 永井進氏:環境と経済
3月 業務用システムを更新(NTTデータクリエイションNALIS)
オンラインサービスのログインをICCアカウントとパスワードに一本化
東京外国語大学図書館報「Castalia」第17号刊行
6月 総合科目「情報リテラシー」第3クール「図書館利用案内」および第9クール「情報検索演習」を担当
計16コマ ICC Studyシステムによる授業
附属図書館講演会<読書への誘い>第3回 井上 史雄氏:開かれた本と図書館
7月 附属図書館講演会<読書への誘い>第4回 野谷 文昭氏:原作が解き明かす映画の謎
10月 附属図書館講演会<読書への誘い>第5回 増谷 英樹氏:私の研究・留学・図書館
12月 首都大学東京 図書情報センターとの相互協力協定発効
第11回講演会開催 アーサー・ビナード氏:もしも文字がなかったら
23(2011)年 1月 学生利用者アンケートを実施
3月 東日本大震災(府中市は震度5弱)により蔵書約15,000冊が落下
復旧作業のため特別開館を実施(3月17日~3月31日)
2Fに臨時カウンターを設置(出納対応)
東京外国語大学図書館報「Castalia」第18号刊行
4月 東日本大震災による計画停電および節電への協力等のため、開館時間を「平日9-18時、土日休館」に変更(~4月30日)
5月 東日本大震災による計画停電および節電への協力等のため、開館時間を「平日9-21時45分、土9-17時、日休館」に変更(~6月30日)
6月 総合科目「情報リテラシー」第3クール「図書館利用案内」および第9クール「情報検索演習」を担当
計16コマ ICC Studyシステムによる授業
7月 東日本大震災による計画停電および節電への協力等のため、開館時間を「平日9-21時45分、土日9-17時」に変更(~7月23日)
10月 多言語コンシェルジュによる学習相談デスク開設(-2月)
12月 第12回講演会開催 河路 由佳氏:アメリカ・日本・アジアのはざまで―日本語教育者:長沼直兄の「激動」の戦前/戦中/戦後
24(2012)年 3月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第19号刊行
附属図書館4階 改修工事(TUFS-ラーニングコモンズ)完了
4月 TUFSラーニングコモンズ(愛称「@ラボ」)サービス開始
6月 世界教養プログラム「学術リテラシー」第3クール「附属図書館利用案内」および第6,9クール「情報検索演習」を担当
計9コマ ICC Studyシステムによる授業
10月 国立大学図書館協会海外派遣事業(米国大学図書館の訪問調査) 1名参加
11月 第13回講演会開催 小松 久男氏:風刺画の妙:モッラー・ナスレッディンの批判精神―中央アジア学へのいざない
25(2013)年 4月 世界教養プログラム「学術リテラシー」第2回「附属図書館利用案内」を担当
計3コマ
6月 世界教養プログラム「学術リテラシー」第7回、第9回「情報検索演習」を担当
計6コマ ICC Studyシステムによる授業
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第20号刊行(インターネット公開)
10月 第14回講演会開催 ドナルド・キーン氏:私と外国語、および、キーン氏と亀山郁夫氏との対談
26(2014)年 1月 TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)図書館サービス開始
TUFS-ビブリオ「地域研究の基本文献」公開
2月 土日拡大開館実施(開館時間を13:00から9:00に変更。1日・2日・8日・9日の計4日)
3月 業務用システムを更新(NTTデータ九州NALIS)、OPACリニューアル
4月 東京外語会卒業生会員への貸出サービス開始
世界教養プログラム「学術リテラシー」第2回「附属図書館利用案内」を担当
計3コマ
5月 世界教養科目「日本の出版文化」第3回「図書館と書物」担当
6月 世界教養プログラム「学術リテラシー」第8回「情報検索演習」を担当
計3コマ ICC Studyシステムによる授業
8月 東京外国語大学古本募金開始
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第21号刊行(インターネット公開)
12月 第15回講演会開催 武内 進一氏:アフリカの紛争と平和構築―外大生がアフリカに出会うとき
学生アンケートを実施
27(2015)年 3月 学術認証フェデレーション「学認(GakuNin)」によるオンラインサービスへのリモートアクセス開始
4月 世界教養プログラム「学術リテラシー」第2回「附属図書館利用案内」を担当
5月 世界教養科目「日本の出版文化」第6回「図書館と書物」担当
6月 世界教養プログラム「学術リテラシー」第8回「附属図書館検索演習・実習」を担当
計3コマ ICC Studyシステムによる授業
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第22号刊行(インターネット公開)
12月 第16回講演会開催 谷川 道子氏:演劇という文化
附属図書館耐震工事(工事区域:吹き抜け及び4階の天井)(~3月31日)
28(2016)年 4月 世界教養プログラム「基礎リテラシー」にて「附属図書館利用案内」を担当
4-5月 世界教養プログラム「基礎リテラシー」にて「図書館検索演習・実習」を担当
TUFS Moodleシステムによる授業
5月 世界教養科目「日本の出版文化」第6回「図書館と書物」担当
5月 総合国際学研究科「総合国際学研究基礎」第6回「図書館の学術的利用方法」担当
9月 東京外国語大学図書館報「Castalia」第23号刊行(インターネット公開)
12月 第17回講演会開催 池上 彰氏:池上彰と考える“世界”を学ぶ意味:世界から日本へ、日本から世界へ

Return to top of page