東京外国語大学 学生後援会

*

入会のご案内

入会のご案内

 歴史と伝統を誇る東京外国語大学は、2004年(平成16年)に法人化され、国立大学としては、唯一の外国語大学となり、日本を含む世界諸地域の言語・文化・社会に関して、総合的な教育・研究を行っています。
 学生には、広い教養と視野を身につけ、柔軟な思考力と豊かな感性を磨き、高度な言語運用能力を駆使して、さまざまな文化的背景をもつ人々と協働し、地球的課題に取り組むことができる人材育成をめざしています。
 私たち「東京外国語大学学生後援会」は、学生そして東京外国語大学の強力なサポーターとして発足した組織です。
 大学は今、入学年度からの学生生活の適応対策をはじめ、学生生活支援に対して真剣に取り組んでいます。
 大学の教育目標達成のため、私たち学生後援会が、常に大学と連携していくことは、学生のため、大学のためになり、それこそが、学生後援会の最大の存在意義なのです。
 東京外国語大学という素晴らしいステージで、学生達がより輝かしい学生生活を過ごせるよう、ぜひとも「東京外国語大学学生後援会」をご理解のうえ、ご入会いただきますようお願いいたします。

平成31年4月
東京外国語大学学生後援会会長
道宗 千恵子





会 費

                            
正会員正1会員本学学部学生の保護者等(正2会員に該当する者を除く)一口10,000円を4口以上
正2会員本学学部第3年次編入生の保護者等一口10,000円を2口以上
正3会員本学大学院博士前期課程学生の保護者等一口10,000円を2口以上
賛助会員本学の教職員及び本会の趣旨に賛同する者 年会費5,000円


納入方法

郵便局に備え付けの「払込取扱票」にて下記へ払い込み願います。
口座記号番号:00110−4−152011
加入者名:東京外国語大学学生後援会
*「通信欄」に必ず学生のお名前、入学年度、専攻を記入ください。

ご不明の点があれば、東京外国語大学学生課(電話042-330-5172)までご連絡ください。

東京外国語大学学生後援会設立趣意書

東京外国語大学は、明治6年(1873年)に建学された、128年の長い歴史と伝統を持つ大学です。その起源をさかのぼれば、安政4年(1857年)の蕃書調所にもたどりつく、日本の対外文化交流を担ってきたわが国最古の学府と言えます。
 大学は現在、26の専攻語を軸とする3つの履修コース(「言語・情報」、「総合文化」、「地域・国際」)からなる外国語学部、人文・社会系の新制大学として初の博士号を出した大学院地域文化研究科(博士前期・後期課程)、国費(文部科学省)留学生教育を行う留学生日本語教育センター及び「卓越した研究拠点」に選定されたアジア・アフリカ言語文化研究所を擁し、教育・研究に大きな成果を挙げております。
 しかし、大学が学生の生活面も組み入れた真の教育を実現するには、教育内容の強化とともに、課外活動の充実や生活環境の整備などを行い、学生の人間形成を助長するための方策を促すことも重要であります。
 このため、学生の学業、課外活動への助成、学生の進路指導に必要な助成及び大学の行う諸行事に対する援助等を目的として、私たち保護者・教職員等の会員が相互の連帯感を強め、東京外国語大学の健全な発展を援助することとし、平成14年1月17日東京外国語大学後援会の設立を発意したものであります。
 私たちの以上のような設立趣旨をご理解の上、よろしくご賛同、ご入会の程をお願い申し上げます。

平成14年1月17日
東京外国語大学学生後援会発起人会

*