東京外国語大学 学生後援会

*

入会のご案内

入会のご案内

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、本日は学生後援会『東京外国語大学学生後援会』へのご協力を賜りたく筆をとらせていただきました。
  本学生後援会は、正課授業及び学生の課外活動への助成、就職セミナーなどの進路指導を含む大学の諸行事への援助、あわせて会員相互並びに大学との連帯感を強めることなどを目的として設立されました。毎年、ほぼすべての保護者の方々からご支援をいただいております。
  本学は平成24年4月から2学部制(言語文化学部と国際社会学部)による新たなスタートを切っております。このような状況の中、本学の学生に対して有効かつ充実した支援を実施するためには保護者の皆様からのご寄付もますます不可欠な状況になっております。平成16年度から続く保護者への説明会を開催するなど、保護者と大学の連携を強めつつ積極的な活動を展開しているところです。出資ご多端の折、誠に恐縮に存じますが、本会の設立趣意等をご理解いただき、是非ともご入会いただきますよう心からお願い申し上げます。
 末筆ながら、皆様の今後一層のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

平成25年4月
東京外国語大学学生後援会会長
道宗 千恵子
東京外国語大学学生後援会顧問代表
東京外国語大学長 立石 博高

会 費

A会員 本学学生の保護者等一口20,000円
B会員 本学の教職員 一口1,000円を二口以上
C会員 賛助会員
(本学の退職者、
卒業者及び趣旨に賛同する者)
年会費一口5,000円


納入方法

郵便局に備え付けの「払込取扱票」にて下記へ払い込み願います。(手数料は後援会が負担します。)
口座記号番号:00110−4−152011
加入者名:東京外国語大学学生後援会
*「通信欄」に必ず学生のお名前、入学年度、専攻を記入ください。

ご不明の点があれば、東京外国語大学学生課(電話042-330-5172)までご連絡ください。
「東京外国語大学学生後援会入会申込書」(PDFファイル)はこちら

東京外国語大学学生後援会設立趣意書

東京外国語大学は、明治6年(1873年)に建学された、128年の長い歴史と伝統を持つ大学です。その起源をさかのぼれば、安政4年(1857年)の蕃書調所にもたどりつく、日本の対外文化交流を担ってきたわが国最古の学府と言えます。
 大学は現在、26の専攻語を軸とする3つの履修コース(「言語・情報」、「総合文化」、「地域・国際」)からなる外国語学部、人文・社会系の新制大学として初の博士号を出した大学院地域文化研究科(博士前期・後期課程)、国費(文部科学省)留学生教育を行う留学生日本語教育センター及び「卓越した研究拠点」に選定されたアジア・アフリカ言語文化研究所を擁し、教育・研究に大きな成果を挙げております。
 しかし、大学が学生の生活面も組み入れた真の教育を実現するには、教育内容の強化とともに、課外活動の充実や生活環境の整備などを行い、学生の人間形成を助長するための方策を促すことも重要であります。
 このため、学生の学業、課外活動への助成、学生の進路指導に必要な助成及び大学の行う諸行事に対する援助等を目的として、私たち保護者・教職員等の会員が相互の連帯感を強め、東京外国語大学の健全な発展を援助することとし、平成14年1月17日東京外国語大学後援会の設立を発意したものであります。
 私たちの以上のような設立趣旨をご理解の上、よろしくご賛同、ご入会の程をお願い申し上げます。

平成14年1月17日
東京外国語大学学生後援会発起人会

*