Bahasa Melayu TUFS 文法

untuk + 受動動詞

願望・態度・成就の動詞の後に受動文が続く場合、その解釈が他の言語とは異なる点で、注意が必要でした。願望・態度・成就が文全体の主語についてであるだけでなく、受動文の動作主についてにもなることもあるからです。これは、マレー語では、主節の要素が埋め込まれた文の主語と同じでなければならないという規則があるためです。

Polis cuba menangkap pencuri itu.
= Polis cuba + Polis menangkap pencuri itu
(主節の主語=埋め込み文の主語)
「警察はその泥棒を捕まえようとした。」
Pencuri itu cuba ditangkap polis.
= Pencuri itu cuba + Pencuri itu ditangkap oleh polis
(主節の主語=埋め込み文の主語)
「その泥棒は警察が捕まえようとした。/その泥棒は警察に捕まえられようとした。」
×Pencuri itu cuba polis menangkap.
= Pencuri itu cuba + Polis menangkap pencuri itu
(主節の主語=埋め込み文の目的語)

上の例では、埋め込み文が動詞に直接続いていますが、埋め込み文が untuk で導入される場合も、「主節の要素=埋め込み文の主語」の規則に従います。そのため、他の言語では埋め込み文が能動文になる場合でも、マレー語では受動文を用いることがあります。例えば、This book is difficult to understand.「この本は理解するのが難しい」は、マレー語で This book is difficult to be understood.「この本は理解されるのが難しい」のように表現します。

Buku ini sesuai/sukar/mudah untuk dibaca oleh pelajar universiti.
= Buku ini sesuai/sukar/mudah + Buku ini dibaca oleh pelajar universiti
(主節の主語=埋め込み文の主語)
「この本は大学生が読むのに(は)適している/難しい/簡単だ。」(直訳:「この本は大学生に読まれるのに(は)適している/難しい/簡単だ。」)
×Buku ini sesuai/sukar/mudah untuk pelajar universiti membaca.
= Buku ini sesuai/sukar/mudah + Pelajar universiti membaca buku ini
(主節の主語=埋め込み文の目的語)

目標・目的を表す untuk についても、「主節の要素=埋め込み文の主語」が適用されます。

Filem ini mengambil masa enam bulan untuk disiapkan.
= Filem ini mengambil masa enam bulan + Filem ini disiapkan (oleh mereka)
(主節の主語=埋め込み文の主語)
「この映画は完成するのに6ヶ月かかりました。」(直訳:「この映画は完成されるのに6ヶ月かかりました。」)
×Filem ini mengambil masa enam bulan untuk menyiapkan.
= Filem ini mengambil masa enam bulan + Mereka menyiapkan filem ini
(主節の主語=埋め込み文の目的語)
Mereka membeli buah tangan untuk diberi kepada keluarga angkat masing-masing.
= Mereka membeli buah tangan + Buah tangan diberi (oleh mereka) kepada keluarga angkat masing-masing
(主節の目的語=埋め込み文の主語)
「彼(女)らは各々のホストファミリーにあげるためのお土産を買いました。」(直訳:「彼(女)らは各々のホストファミリーにあげられるためのお土産を買いました。」)
×Mereka membeli buah tangan untuk kami memberi kepada keluarga angkat masing-masing.
= Mereka membeli buah tangan + Mereka memberi buah tangan kepada keluarga angkat masing-masing
(主節の目的語=埋め込み文の目的語)