Bahasa Melayu TUFS 文法

否定文(2):Tidak

名詞文前置詞文を否定するには bukan を用いました。形容詞文を(中立的に)否定するには tidak(口語:tak)という別の語を用います。

主語 (A) tidak 形容詞句 (B).「AはBではない。」

Bahasa Melayu tidak susah.
「マレー語は難しくない。」
Tandas di sana tidak bersih.
「あそこのトイレはきれいではない。」

完全に否定するのではなく、「あまり~ない」とその程度を弱める場合、次の表現を用います。

tidak berapa/begitu ~「あまり~ない」

Kari ayam ini tidak berapa sedap.
「このチキン・カレーはあまりおいしくない。」
Stesen komuter tidak begitu jauh dari sini.
「コミューター(電車)の駅はここからそれほど遠くありません。」

【発展編】kurang ~「あまり~ない」

「あまり~ない」という意味は、tidak の代わりに kurang を使うことでも表すことができます。

Saya kurang sihat hari ini.
「私は今日あまり体調がすぐれません。」