Bahasa Melayu TUFS 文法

命令文と依頼・勧誘表現

命令文

命令文は、主語を表現せず、述語から文を始めることできます。否定の命令文(「~するな」)をは、肯定の命令文に jangan を付けます。

Masuk!
「入りなさい。」
Tunggu sekejap di sini!
「ここで少し待ってて。」
Jangan bising!
「うるさくしないで。」
Jangan lupa telefon saya!
「私に電話するの忘れないでね。」

命令文を基にした依頼・勧誘表現

以下の語を命令文の前に付けることにより、さまざまな依頼・勧誘の表現ができます。

-lah「~よ」

命令文とそれを基にした依頼・勧誘文の最初の語に -lah を付けると、「~しろ」という強制の意味が弱まり、相手の自主的な行動を促す意味合いが強まります。-lah は、日本語の会話で文末によく現れる、助詞の「よ」に相当します。口語では -lah が lale と綴られることもあります。

Masuklah!
「入って下さいよ。」
Janganlah buka buku teks lagi!
「まだ教科書は開かないでよ。」
Tolonglah jangan marah.
「どうか怒らないで下さいよ。」
Silalah masuk ke dalam.
「中へ入って下さいよ。」
Jemputlah makan.
「さあお召し上がり下さい。」
Cubalah (awak) cakap sekali lagi.
「もう一度言ってごらんよ。」
Marilah kita pergi tengok wayang.
「映画を見に行きましょうよ。」
Jom la kita minum dulu!
「まずお茶でもしようよ!」